芸能

「特撮ヒロイン」子供は知らない衝撃事件史!(3)ベッキー、新垣結衣の“幻の作品”とは?

20160505tokusatsuc

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」との不貞騒動でテレビから姿を消す事態になったベッキー。彼女があの謝罪会見並みにテンションが低い役を演じたのが、01年の「ウルトラマンコスモス」だった。

「17歳のベッキーの役柄はスレイユ星人ラミア。『円谷プロ全怪獣図鑑』にも掲載されたのはある意味、快挙ですね。不貞スキャンダルを起こすまでは色っぽさとは無縁なキャラだっただけに、憎むべき地球人相手に、股の間からアンダーウェアを少し見せているシーンは激レアです」(週刊誌記者)

 実は、10代の頃から色っぽい要素があったようだ。

 新垣結衣のデビュー第1作は、05年に放送された「Sh15uya」のエマ役。「平日の深夜3時というディープな放送時間帯であったため、オンタイムで観た人はごくわずか。残念ながらアクション場面は吹き替えが演じていましたが、体型が違いすぎてバレバレだった」(芸能記者)

 長澤まさみが03年に出演したのは「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の小美人役。

「沢口靖子や水野真紀ら東宝シンデレラは『ゴジラ』映画への出演が義務。長澤も、かつてザ・ピーナッツが演じた『小美人』をあえてヘソ出しでサービス。ただし、実際は170センチ近い長澤が『身長25センチ』という設定には違和感が残りました」(前出・週刊誌記者)

 まさかのキャストだったのが、08年「ヤッターマン」のドロンジョ役が深田恭子だったこと。

「衣装はハイレグに胸元も鮮やかなボンテージ。これを着こなすため『バナナダイエットで12キロのダイエット成功』と騒がれました。ところが、本人はバナナ嫌いで、落としたのも3キロだけと否定しています」(前出・芸能記者)

 はたして、次はどんな美人が「特撮ヒロイン」の歴史をつむぐのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線