芸能

「特撮ヒロイン」子供は知らない衝撃事件史!(3)ベッキー、新垣結衣の“幻の作品”とは?

20160505tokusatsuc

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」との不貞騒動でテレビから姿を消す事態になったベッキー。彼女があの謝罪会見並みにテンションが低い役を演じたのが、01年の「ウルトラマンコスモス」だった。

「17歳のベッキーの役柄はスレイユ星人ラミア。『円谷プロ全怪獣図鑑』にも掲載されたのはある意味、快挙ですね。不貞スキャンダルを起こすまでは色っぽさとは無縁なキャラだっただけに、憎むべき地球人相手に、股の間からアンダーウェアを少し見せているシーンは激レアです」(週刊誌記者)

 実は、10代の頃から色っぽい要素があったようだ。

 新垣結衣のデビュー第1作は、05年に放送された「Sh15uya」のエマ役。「平日の深夜3時というディープな放送時間帯であったため、オンタイムで観た人はごくわずか。残念ながらアクション場面は吹き替えが演じていましたが、体型が違いすぎてバレバレだった」(芸能記者)

 長澤まさみが03年に出演したのは「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の小美人役。

「沢口靖子や水野真紀ら東宝シンデレラは『ゴジラ』映画への出演が義務。長澤も、かつてザ・ピーナッツが演じた『小美人』をあえてヘソ出しでサービス。ただし、実際は170センチ近い長澤が『身長25センチ』という設定には違和感が残りました」(前出・週刊誌記者)

 まさかのキャストだったのが、08年「ヤッターマン」のドロンジョ役が深田恭子だったこと。

「衣装はハイレグに胸元も鮮やかなボンテージ。これを着こなすため『バナナダイエットで12キロのダイエット成功』と騒がれました。ところが、本人はバナナ嫌いで、落としたのも3キロだけと否定しています」(前出・芸能記者)

 はたして、次はどんな美人が「特撮ヒロイン」の歴史をつむぐのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?