芸能

脱タモリ!桑子真帆アナの“ドアップ”新番組がサラリーマンの癒しに

20160408kuwako

 NHKの春の改編で「ブラタモリ」を卒業した桑子真帆アナの出演する新番組「ニュースチェック11」が一風変わっていて、意外な人気を呼んでいる。

 いかにもニュース番組というスタジオではなく、ラジオのブースをイメージしたスタジオ内で、桑子アナの後ろには苗字を使った標語のような貼り紙がある。

「く」つろいで

「わ」たしといっしょに

「こ」んやもチェック11

 視聴者はツイッターでニュースに突っ込むことができ、桑子アナは気になったつぶやきをそのつど取り上げていく。会見でも「ニュース番組ですが、コンセプトは脱力」と語っていたが、まさにそういう雰囲気の番組だ。

 特に威力を発揮しているのが、桑子アナの顔を至近距離から捉えるカメラの存在だ。ネット上でも、「桑子アナ、ドアップすぎて照れますなぁ!」「桑子真帆アナウンサーってこんなかわいかったっけか」「夏場になれば薄着で色っぽいボディを見せつけてくれるのかな?」「今夜も癒やされてから寝ますよ」など、かなり好評のようだ。

 至近距離だけでなく、斜め上から撮影するアングルのカメラもあり、桑子アナがカメラ目線になると、身体を斜めにねじって上目遣いでこちらを見るようなポーズになるのも、男性視聴者にはたまらないだろう。テレビ誌記者が語る。

「いい意味でNHKらしくない独特のユルさのあるニュース番組ですね。それが桑子アナにハマっていて、妙に可愛く見える。『ブラタモリ』の流れでファンになった人も見やすい番組です。それに各ジャンルのニュースをコンパクトにまとめて数多く紹介するという内容も忙しいサラリーマンにはピッタリ。こちらの方が男性視聴者層の人気も得られるのでは」

 タモリの隣にいなくても、桑子アナの魅力はまったく色あせていなかったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」