芸能

片岡愛之助&藤原紀香 結婚会見での紀香の「子作り発言」はタブーだった?

20160421e

 紆余曲折を経たカップル、歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)と女優・藤原紀香(44)がついに入籍した。翌31日には東京・帝国ホテルでツーショット会見を行ったのだが、どうにも穏やかではない空気が‥‥。

 その舞台裏をスポーツ紙芸能デスクがこう明かす。

「前夫でお笑い芸人の陣内智則とのツーショット結婚会見の時と同様、会見は紀香の意向に沿って進められました。基本的に休みを入れない愛之助が多忙なこともあって、会見に招集するマスコミの選別や会場の手配などを紀香の所属事務所が主導したんです。そのためか、愛之助は借りてきた猫のようにおとなしかった。際どい質問が出ないように、質問できたのはテレビ各局の代表と、スポーツ紙の代表記者がそれぞれ1名ずつ。基本的に紀香の事務所にべったりなメディアばかりなので、まるで紀香の“梨園の妻デビュー宣言”といった様相でした。ただ、会場に集まった記者からは『何か紀香、初婚ぶっちゃってるね』との失笑も漏れていました」

 紀香が愛之助からもらった3カラットの指輪を見せつけるなど、幸せムードが漂う会見だったのだが、途中、2人の意見が食い違いを見せるシーンが。子作りに関して愛之助が、

「子供は神様からの授かりもの。期待はしておりますが、養子の形もありますので、それでもかまわないと思っています」

 と話した。すると紀香はすぐにこう反論。

「できれば、子供を産みたいなと思うのが女心。無理をせず相談しながらやっていければ」

 唐突に、子作りへの執念をのぞかせたのだ。

 この流れで、愛之助は動揺を隠せなくなった。

「会見が終わると、紀香とは目を合わせようとせず、憮然とした表情で、そそくさと帰っていきました。紀香が子作り宣言するとは聞いていなかったようで、フライング気味の言動を受けて、かなり不機嫌そうでしたよ」(前出・スポーツ紙デスク)

 それもそのはず。愛之助の置かれた状況では、“子作り宣言”など不用意にはできなかったのである。

「愛之助は11年に、元ホステスとの間に小学校5年生の男児の隠し子が発覚した。当時、愛之助は会見で『おおむね事実でございます』と認め、養育費など生活の援助は続けているが、認知していないことを明かしている。将来的な子供の認知については、『子供がもう少し大きくなって本人の意見を聞きたい』としていましたが、男児だけに、本人が希望すれば、愛之助の世継ぎになる可能性もあるんです。それだけに、今後、紀香が男の子を産むことになれば、“世継ぎ争い”というデリケートな事態が起こりうる。だから紀香の子作り発言には、愛之助ばかりか歌舞伎界からも一部で“大ブーイング”が巻き起こったんです」(スポーツ紙・演劇担当記者)

 そもそも、すでに“世継ぎ候補”がいる愛之助にとって、紀香に求める夫婦関係は通常のものとは違うとの意見まである。

 歌舞伎関係者がその実情を明かす。

「愛之助にとって、紀香は『連れて歩けば自分が映える存在』。だからこそ、結婚会見の時のように、紀香が出しゃばるのは我慢ならなかったのでしょう。紀香を自分の色に染めようと、愛之助は1本300万、2本で600万もする高級ペアウオッチを買って紀香にプレゼント。梨園の関係者に挨拶に行く時は、必ずペアウオッチを付けさせて出向いていた。愛之助はそれで満足していたようですが、陰では『あの時計、かなりセンス悪いね』と陰口を叩かれていましたね」

 紀香が身を投じた梨園とは、かくも気苦労が多いものなのだ‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
3
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
4
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!
5
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声