芸能

有村架純 胸の成長が垣間見える新作映画「夏美のホタル」体当たり演技

20160421c-2

 今年1月に民放連ドラ初主演を果たした国民的清純派女優、有村架純(23)。だが、当の本人はそこに甘んじてはいないようだ。女優として大きな飛躍を果たすため、新作映画では体当たり演技に挑んでいたのである。

 有村の主演映画「夏美のホタル」(イオンエンターテイメント)が6月11日に公開される。公式サイトにアップされた予告編動画では、バイクにまたがって田舎道を疾走する有村の姿が確認できる。

「昨秋に行われた撮影に先立って、有村は中型バイクの免許を取得しています。バイクの運転シーンには危険が伴いますが、本人の希望で、代役のスタントを立てずにみずから運転することになったそうです」(映画誌編集者)

 本作にかける有村の意気込みは、その脱ぎっぷりからも伝わってくる。映画関係者が明かす。

「工藤阿須加(24)演じる恋人と一晩を過ごした翌朝、という設定のシーンでは、下半身はパンティ1枚で撮影に臨みました。上もノーブラでキャミソール1枚だけでした」

 人気絶頂の女優がパンモロを披露するという、びっくりぽんの事態。その「思惑」はどこにあるのか。

「有村の所属事務所は役者本人の意向を最大限尊重するところです。吉瀬美智子(41)は不倫がテーマのドラマ『昼顔』(フジテレビ系)で過激な濡れ場を演じていますが、これは女優としてのキャリアを考えた吉瀬自身が事務所に“直訴”して許可が出たものです」(芸能プロ関係者)

 今回の有村の「脱・清純派」も本人の選択。背景には焦燥心もあったようだ。

「藤原竜也(33)と共演し、3月に公開された映画『僕だけがいない街』(ワーナー・ブラザース)の出来に納得がいかなかったようで、撮影現場では『これじゃ、お客さん来ないかも‥‥』と心配している姿がたびたび目撃されていました。清純派として竜虎相うつ存在である広瀬すず(17)主演の映画『ちはやふる』と公開時期がかぶっていたので、負けたくなかったのでしょう。今回の下着姿も台本を見た本人みずからが『やります』と快諾したようです」(前出・芸能プロ関係者)

 精魂こめて挑んだ初ベッドシーン。現場スタッフは有村のフェロモンに圧倒されたという。前出・映画関係者は興奮を隠さない。

「上下ともに白のランジェリーだったのですが、その日はまだ蒸し暑く、彼女の肌にはうっすらと汗がにじんでいて、いつ透けてもおかしくない状況だったとか。それでも、カメラの前で堂々と演技をする色香に、多くのスタッフが骨抜きにされたようです」

 有村がこだわったバイクシーンでは、急成長したオッパイに注目が集まった。

「バイクを走らせるたびに上半身に風圧がかかって、着ているシャツがピタッと肌に貼りつくんです。するとおわん形のキレイなバストがクッキリと浮かび上がり、さらに風の影響で胸の肉がタプタプと波打ったんですよ。その激しい揺れを見て、『あんなに大きくなって‥‥』と感慨深げに漏らすスタッフもいました」(前出・映画関係者)

 一方で、こんな不安の声も聞こえてくる。

「休みがまったくないんです。近頃、現場でブツブツ何か言い続けるなど、ストレスが原因と思われる姿が報告されている。事務所では広末涼子(35)の再来と言われる存在ですが、一時期の広末のように“奇行”に走らないかと、心配もされている」(前出・芸能プロ関係者)

 今後も濡れ場作品への積極参戦で露出度を増やしていってほしいのだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!