芸能

2話目も爆死のフジ「OUR HOUSE」は国際結婚を描いているのに設定が甘すぎ!

20160427ashida

 芦田愛菜主演のドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)の2話目が4月24日に放送され、視聴率が5.0%に終わった。1話目の4.8%に続いて低調な数字となるなか、アメリカ事情に詳しいライターはドラマの設定が甘すぎると疑問を呈している。本ドラマの主題とも言える国際結婚と、アメリカ人妻・アリスの人物設定がおかしいというのである。

「父親の奏太はアメリカでアリスと結婚したことになっていますが、アメリカでは2年以内の再婚には離婚証明書が必要。半年前に先妻を亡くしたばかりの奏太が演奏旅行にわざわざ英文の離婚証明書を持参するでしょうか? またアリスも、アルバイトのディーラーとして働いていたという経歴ですが、ラスベガスのカジノは全米のディーラーにとって憧れの地。カジノに雇われるにはオーディションで腕前を試されるなど、アルバイトができるような仕事ではないのです」

 そんないい加減な描写に加えて、芦田らが住む家でのドタバタ劇にも不自然なところが目立つ。そもそも初めて日本に来たはずのアリスが妙に日本語が上手いだけでもおかしいのに、そのアリスが日本の習俗を知らなすぎるのだ。前出のライターが指摘する。

「来日したことがないのに日本語ができるということは、日本の文化に相当興味を持っているはず。それなのに家の風呂を泡風呂にし、それをなじった芦田に対し『お湯を捨てればいい、ケチ』と反論する様子は、あまりにステレオタイプな外国人描写で不快感を抱くほどです。脚本家と演出家の2人はいずれも50代ですが、彼らの外国人観は20世紀のままで止まっているんじゃないでしょうか」

 11歳の芦田が活躍するドラマを50代の2人が潰す。そんな構図に陥っている「OUR HOUSE」に復活の目はあるのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
ぽっちゃり好きは今見ておくべし!フジテレビ・渡邊渚の「爆食い体型」がイイ!