芸能

現場で無言…西島秀俊をア然とさせた東出昌大のトンデモな役作りとは?

20160513higaside

 4月26日に行われた黒沢清監督の映画「クリーピー 偽りの隣人」のジャパンプレミアで、東出昌大の“役者バカ”ぶりが明らかになった。黒沢作品初出演の東出は現場で一切しゃべらなかったという。どういうつもりだったのか?

 プレミアを取材した映画ライターが明かした。

「主演の西島秀俊が撮影初日、東出に声をかけたところ、『本当は人懐こくて話すタイプなんですけど、役づくりで全く話さないことにしているんです』と真顔で説明されたという。冗談と思ったら、自分だけでなく香川照之にも全くしゃべらなかった。西島は『すごく役に集中していた』と初志貫徹ぶりに舌を巻いたが、香川は『僕のこと嫌いなんだなあ』と傷心モードだったそうで、東出はかなり浮いていたらしい」

 東出の役は刑事で元同僚の西島と事件を追う設定だ。絡みのシーンも多く、現場ではコミュニケーションなくしてはたちゆかない。だが、当人には現場の雰囲気を乱すつもりは毛頭なかった様子。この日は「黒沢監督の映画の世界観に入りたいが、普段のデレッとした自分はそぐわない」と完黙を決めたことや、打ち上げの席で種明かしをして全員に謝罪したことを告白した。

「朝ドラ『ごちそうさん』では上方なまりを話す役のため、大阪の落語専門の上席『天満天神繁昌亭』でバイト、生きた言葉を実地で学んだそうです。しかし、演技派と呼ばれるにはまだまだ程遠いですね」(テレビ誌ライター)

“役者バカ”を貫き通すことで、いつの日か東出の演技力が開花すればよいが‥‥。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃