芸能

現場で無言…西島秀俊をア然とさせた東出昌大のトンデモな役作りとは?

20160513higaside

 4月26日に行われた黒沢清監督の映画「クリーピー 偽りの隣人」のジャパンプレミアで、東出昌大の“役者バカ”ぶりが明らかになった。黒沢作品初出演の東出は現場で一切しゃべらなかったという。どういうつもりだったのか?

 プレミアを取材した映画ライターが明かした。

「主演の西島秀俊が撮影初日、東出に声をかけたところ、『本当は人懐こくて話すタイプなんですけど、役づくりで全く話さないことにしているんです』と真顔で説明されたという。冗談と思ったら、自分だけでなく香川照之にも全くしゃべらなかった。西島は『すごく役に集中していた』と初志貫徹ぶりに舌を巻いたが、香川は『僕のこと嫌いなんだなあ』と傷心モードだったそうで、東出はかなり浮いていたらしい」

 東出の役は刑事で元同僚の西島と事件を追う設定だ。絡みのシーンも多く、現場ではコミュニケーションなくしてはたちゆかない。だが、当人には現場の雰囲気を乱すつもりは毛頭なかった様子。この日は「黒沢監督の映画の世界観に入りたいが、普段のデレッとした自分はそぐわない」と完黙を決めたことや、打ち上げの席で種明かしをして全員に謝罪したことを告白した。

「朝ドラ『ごちそうさん』では上方なまりを話す役のため、大阪の落語専門の上席『天満天神繁昌亭』でバイト、生きた言葉を実地で学んだそうです。しかし、演技派と呼ばれるにはまだまだ程遠いですね」(テレビ誌ライター)

“役者バカ”を貫き通すことで、いつの日か東出の演技力が開花すればよいが‥‥。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?