芸能

テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに

20160523tanoshing

「ドドスコスコ…ラブ注入!」の一発ギャグとオネエキャラでブレイクしたお笑い芸人の楽しんごが17日、都内で起きた婦女暴行事件について自身のツイッターで、「お互い了承済みでしょ! ノコノコついてく女も悪い」とつぶやき、ネットユーザーからフルボッコにされている。

 事件は東大生4人が部屋に女性を連れ込み、服を脱がせたという卑劣極まりないものだったため、ツイッター民からは、「炎上狙いの発言にしても酷すぎる!」「被害者への言葉の暴力。謝罪しろ」といった批判的な意見が殺到しました。

「楽しんごはこれまでも元付き人への暴力や、元相方・すぎはら美里から『大事な友人を拉致暴行した』と告発されたりとトラブルが絶えず、一時期芸能界から完全に干されていました。最近は舞台『お子さまランチ』に出演し、俳優として積極的に活動し始めていましたが、そこに今回の問題ツイートです。今後ますますテレビ復帰は難しくなるでしょう」(テレビ局員)

 また、ツイッターでの炎上に詳しいネットライターは、過去に似たようなつぶやきが大騒動となっていたことを明かす。

「今から5年前、一般男子学生がツイッターで、同大学の生徒が起こした女性へのわいせつ事件について『○○○される女が悪い』とつぶやいたことがあったんです。そのツイートは瞬く間に2ちゃんねるやまとめブログなどで拡散され、男性の就職先にまで電話をかけ内定取り消しを求めたネットユーザーも複数いたそうです。楽しんごの今回のツイートも、同じく女性軽視であり大変な問題発言。女性用アンダーウェアのネットワークビジネスにも関わっていたようですが、今回の発言が拡散された場合、数少ない女性ファンも離れて行くでしょう」

 今後はキャラを封印し、イケメン俳優として活動していきたいという楽しんご。再ブレイクを夢見るのならば、もうしばらく大人しくしていたほうが良さそうだ。

(佐藤ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
3
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス