芸能

“綺麗ごとソング”と180度違う!ファンキー加藤の信頼回復は舛添レベルの困難

20160608funkykatoc

 男性音楽グループ「FUNKY MONKEY BABYS」の元リーダーで、情熱的な男として知られるファンキー加藤が起こした不貞騒動は、かつてのファンモンのファン、現在の加藤のファン、その全ての人たちを失望させている。

 不貞相手がアンタッチャブルの柴田英嗣の当時の妻であることに驚き、W不貞であることに驚き、柴田の妻はこの不貞愛が原因で昨年5月に柴田と離婚していたことに驚き、しかも加藤との“不貞愛”の結晶でもあるベイビーがお腹に宿っており、今月が出産予定ということに驚き、しかも加藤が現在の妻と離婚せず、その新生児を認知するということで、まさに驚愕の事件となった。

 しかし、そんなことより何より、昔からのメンバーの人柄などを慕い、また歌ってきた内容を支持してきたという声も多いだけに、そういった“共に歩んだ歴史”が汚れたというよもやの事実を目のあたりにして、大きな失望感を抱えてしまったようだ。

「ファンに与えるダメージという意味では、『ゲスの極み乙女。』以上かもしれません。とにかくファンモンは、熱心な音楽ファンからは“綺麗ごとソング”と揶揄されたように、少し気恥ずかしくなるほどのストレートな歌詞で若者の応援歌を歌ってブレイクしたアーティスト。彼らの歌う内容はハッキリ言って“不貞”などとは180度反対の内容ばかり。妻子がありながら他人の妻を寝取るような男だとわかっていたら、ファンモンの曲は1枚も売れなかったかもしれない。それだけに信じてきたファンは奈落の底に落とされたような気分でしょうね。聞くところによれば、加藤だけは人気絶頂でまだまだガンガン稼げそうな時にファンモンを解散させたくなったようですが、そういう意味でもメンバーの中では一番ゲスだったのかもしれません」(エンタメ誌記者)

 熱心なファンが多かっただけにその反動は計り知れない。「イメージダウンどころじゃない」「もうファンモンの歌は聴きたくない」「舛添知事と同じぐらい信頼回復はムリ」など、同じような突き放しコメントがネット上に連打されている。

 ファンモンの解散原因は元メンバーのDJケミカルが実家の住職を継いで脱退したことだが、加藤こそ寺修行から出直すべきかも?

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”