芸能

ファンキー加藤が絶句して2分間も固まった「不倫妊娠」相手のダンナ登場/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 2016年6月、それは「週刊女性」のスクープ記事だった。そして同誌が報じた元「ファンキーモンキーベイビーズ」のボーカル、ファンキー加藤と、お笑いコンビ「アンタッチャブル」柴田英嗣の元妻AさんとのW不倫騒動は、少し前まで盛り上がっていた、ゲスの極み乙女・川谷絵音&ベッキー騒動を一瞬にして消し去るほどの勢いがあった。

 柴田がAさんと「デキ婚」したのは2005年。その後、2人は長男、長女と生活を共にしてきたが、2015年5月にAさんの浮気が原因で、夫妻は離婚。ところがなんと、彼女の浮気相手というのが加藤だったのである。しかもAさんのお腹には、臨月になる加藤の子供がいたことも発覚。まさに芸能史に残る大スキャンダルとなってしまったのである。

 記事を受けて、6月7日に記者会見した加藤は平身低頭、謝罪の言葉を絞り出した。

「このたびは僕の軽率な振る舞いで、多くの関係者に辛い思いをさせてしまいました。そして、ずっと僕のことを応援し続けてくれたファンのことも裏切ってしまった。心からお詫びします。妻に対しては、これから一生かけて償っていくつもりです」

 一方、囲み取材に応じた柴田は、

「(相手が)わかった時は結構、衝撃でしたけどね。わかったのはそれ(離婚)からしばらくしてからで。(元妻から)『子供ができたので相談したいんだけど』って。相手がどういう人なのか、ご職業も教えてくれませんかって言ったら『ファンモンの加藤さんです』と」

 打ち明けられたのは離婚後だったが、柴田がそれを聞かされのは、なんとホテルで開かれた「三者会談」直前。

「『ああ、そうなんだ』って言って会いに行ったらね、加藤ちゃんは知らなかったみたいで。いや、2分くらい動かなかったですね、加藤ちゃんは。『俺なんだよね、ダンナは』って話して、また更に固まっちゃうっていうね…」

 それはそうだろう。結局、加藤は妻とは離婚せず、お腹にいるAさんの子供を認知した上で、柴田に慰謝料として数千万円を支払うことで結着がついた、との報道も。おそらく流れとしてはそんなところだったのではないかと思われる。

 この騒動でふと脳裏をよぎったのが、エリック・クラプトン至極の名曲「いとしのレイラ」のチャラララララ、ラ~ンという、かの有名なイントロフレーズだった。この曲はクラプトンが、親友だったジョージ・ハリスンから元妻のパティ・ボイドを略奪した際の苦悩が歌われている。

 2人は結婚後、結局は破綻してしまうのだが、略奪劇で誕生したこの曲が、50年以上の時を経てもなお色褪せないことに、驚きを禁じえない。

 むろん、傷ついている人がいる以上、不倫を肯定するつもりはない。ただ、皮肉なことに、世間の批判や逆境を飯のネタにできるのもある意味、創作者ならでは。加藤は今年でソロ活動10周年を迎えるという。はたして加藤はこの不倫劇を、自身の作品にどう反映させていくのだろうか。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴