芸能

「キャシャーン」の二の舞い?窪田正孝「東京喰種」実写化は役者より監督が不安!?

20160630kubota

「東京喰種トーキョーグール」の実写映画化が先日発表されたが、原作ファンからは早くも批判が殺到している。

 同作は人を喰らうことで生きる怪人・喰種(グール)が登場するダークファンタジーで、現在も「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気コミック。すでにアニメ、舞台化も実現していたが、来年夏の公開予定で実写化される運びとなった。

 注目のキャストだが、主人公の半喰種となってしまった大学生・カネキに窪田正孝、ヒロイン役にはNHK朝ドラ『まれ』で注目を浴びた清水富美加が演じることが発表されている。

 しかし、あまりに非現実的な世界が舞台とあってか、昨年酷評祭りとなった「進撃の巨人」や、今年のGWに大コケした「テラフォーマーズ」のことがファンの頭にはよぎっているようで、実写化には期待より不安の声をあげる人がほとんどだ。

 原作の世界観が再現困難というのは、この手の実写化について回る意見ではあるが、今回はそれ以外にも原作ファンが口を揃えて批判するポイントがある。

「キャスティング云々よりも監督についての指摘が多いですね。メガホンをとる萩原健太郎監督はテレビCMやミュージックビデオ、ショートフィルムを監督し、海外で賞を獲得している新鋭ということですが、劇場長編作品を担当するのが初めて。そのため、ネット上では『これは(紀里谷和明監督の)キャシャーンの二の舞か』『映像美だけに凝って脚本二の次、中身スカスカのパターンかも』『カットが多くて役者の演技力が生かされない、本当にマンガのような実写化の意味のない作品になるはず』といった、それなりによく分析された意見が多いようです」(エンタメ誌記者)

 原作者の石田スイは、主演の窪田について「自分の作品を踏み台にして、さらに『窪田正孝すごい』ということを知っていただけると、映画化はうまくいったと言ってもいいのではないかな」とコメントしているが、ネット上の指摘にもあったように、映像作家と演技派役者の組み合わせは必ずしも成功例が多いとはいえない。

 進撃、テラフォに続くことで、「大爆死SF三部作のトリになるかも」とまで言われている今回の実写化。はたして、どちらに転ぶことになるのだろうか?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…