芸能

「キャシャーン」の二の舞い?窪田正孝「東京喰種」実写化は役者より監督が不安!?

20160630kubota

「東京喰種トーキョーグール」の実写映画化が先日発表されたが、原作ファンからは早くも批判が殺到している。

 同作は人を喰らうことで生きる怪人・喰種(グール)が登場するダークファンタジーで、現在も「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気コミック。すでにアニメ、舞台化も実現していたが、来年夏の公開予定で実写化される運びとなった。

 注目のキャストだが、主人公の半喰種となってしまった大学生・カネキに窪田正孝、ヒロイン役にはNHK朝ドラ『まれ』で注目を浴びた清水富美加が演じることが発表されている。

 しかし、あまりに非現実的な世界が舞台とあってか、昨年酷評祭りとなった「進撃の巨人」や、今年のGWに大コケした「テラフォーマーズ」のことがファンの頭にはよぎっているようで、実写化には期待より不安の声をあげる人がほとんどだ。

 原作の世界観が再現困難というのは、この手の実写化について回る意見ではあるが、今回はそれ以外にも原作ファンが口を揃えて批判するポイントがある。

「キャスティング云々よりも監督についての指摘が多いですね。メガホンをとる萩原健太郎監督はテレビCMやミュージックビデオ、ショートフィルムを監督し、海外で賞を獲得している新鋭ということですが、劇場長編作品を担当するのが初めて。そのため、ネット上では『これは(紀里谷和明監督の)キャシャーンの二の舞か』『映像美だけに凝って脚本二の次、中身スカスカのパターンかも』『カットが多くて役者の演技力が生かされない、本当にマンガのような実写化の意味のない作品になるはず』といった、それなりによく分析された意見が多いようです」(エンタメ誌記者)

 原作者の石田スイは、主演の窪田について「自分の作品を踏み台にして、さらに『窪田正孝すごい』ということを知っていただけると、映画化はうまくいったと言ってもいいのではないかな」とコメントしているが、ネット上の指摘にもあったように、映像作家と演技派役者の組み合わせは必ずしも成功例が多いとはいえない。

 進撃、テラフォに続くことで、「大爆死SF三部作のトリになるかも」とまで言われている今回の実写化。はたして、どちらに転ぶことになるのだろうか?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
2
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
3
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
4
宇垣美里、インナーがずり落ちて…ユルユル胸元から覗いた圧巻「Gカップ」
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!