芸能

紳助ファミリーだった!木下ほうかの「恩人エピソード」にお茶の間が拒絶反応

20160708kinoshita

 遅咲き俳優の木下ほうかが、7月1日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」に出演。

「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)のイヤミ課長役でスポットを浴びた木下は、多くの作品で演じる意地悪キャラの圧倒的な存在感で今やブレイク街道をまっしぐら。

 そんなノリノリの木下だが、自身のブレイクの影にはある恩人の存在があったことを同番組で語っている。

 不遇時代に支えてくれた恩人のエピソードは、通常、話した本人も名前を出された相手も好感度が上がるものだが、木下の場合は真逆の展開となってしまったようだ。というのも、木下の口から恩人として紹介されたのが、あの島田紳助だったからだ。

 木下は16歳のときに、紳助・竜介主演の映画「ガキ天国」で俳優デビューし、それ以降も紳助にお世話になっていたと言い、「恩人でもあり見本だった。あんな感じになりたいと思っていました」と打ち明けた。

 そんな紳助からは昨年12月頃に木下のブレイクを祝福する電話がかかってきたことも報告され、視聴者からは、「えっ、まだ紳助と繋がってるの?」「恩人かもしれないが、聞きたくなかった」「ほうかさんも紳助ファミリーだったんですね‥‥う~ん」「あんな感じになりたいと言っちゃダメでしょ」など、木下の“正体”を残念がるコメントが多く聞かれた。

「紳助と木下の付き合いはかれこれ30年以上。紳助の誘いが東京へ進出するきっかけにもなっているということもあり、木下にとっては自分を語るうえでは紳助は外せない人物でしょう。しかし、一般視聴者の紳助に対するイメージはまだブラックなまま。個性派役者にとっては痛手にはならないとは思いますが、木下の演技のファンだったライト層からの好感度は下がるかもしれません」(芸能記者)

 この話は完全に“蛇足”だったようだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」