エンタメ

映画「彼岸島 デラックス」に「なぜ丸太で戦わない」と原作ファンが不満爆発

20160719higanjima

 10月15日公開予定の映画「彼岸島 デラックス」の最新予告編が7月13日に公開された。同映画は漫画「彼岸島」を実写映画化したもので、離島を舞台に人間と吸血鬼が激しい戦いを繰り広げるという物語。

 予告編を見るとスピーディーでハイテンションなバトルシーンを見ることができ、公開に向けて期待が高まるってくるが、一方では早くも大爆死を予想する声も出ている。

「その理由というのが、『バトルで丸太が活用されていないから』というのです。原作の彼岸島を読んだことがない人にはなんのこっちゃという感じですが、原作ファンにとっては欠かせない要素なんです」(出版関係者)

 もう少し詳しく説明しよう。舞台となる彼岸島にはこれといった武器がないため、人間が丸太を使って吸血鬼と戦うシーンが多数登場する。そのため今では「スタイリッシュ丸太アクション」と呼ばれるほど。敵地を攻めようとする主人公が周りに向かって「みんな丸太は持ったな!!」と叫ぶシーンは有名。それほど彼岸島と丸太は切っても切り離せないのだ。

「原作では直径50センチ、長さ5メートルはある丸太を片手で振り回すとんでもないシーンがあり、シリアスなのにギャグ漫画扱いされています。それを映画に盛り込んだら、映画もギャグになってしまうので抑えめにしたのではないでしょうか。いい判断だと思うのですが、原作ファンには納得がいかないようですね」(前出・出版関係者)

 その判断は吉と出るか凶と出るか。漫画原作の実写映画化は失敗続きだけに注目されるところだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」