芸能

「日本大コケ映画祭」(6)興行収入ワースト1位はオスカーの“元祖”ゴリ押し女優

20160719ookoke_f

 シネコンが増えた近年、邦画界には“数打ってハズれた”大コケ作が大量生産されている。原因も敗因もさまざまだが、共通ワードは「爆死」。現在発売中の「アサ芸シークレットVol.40」ではそんな黒歴史作品を一挙公開。偉大なる(?)迷作に拍手!

 90年に公開され、日本アカデミー賞で優秀賞を獲得した中島ひろ子主演の「櫻の園」。その名作を当時、オスカープロモーションのいわゆる“ゴリ押し女優”だった福田沙紀主演でリメイクしたのが08年。これが邦画史上に燦然と輝く大コケ映画となってしまった。

 配給側は興収15億円を目標にしたというが、そもそもの映画化プランが事務所の提案ということもあり、共演も同事務所の若手ばかり。よって「オスカーのPR映画」と揶揄された同作は、初日から閑古鳥すら鳴かない惨状となった。櫻ならぬ、サクラをかき集めてでも動員しなけばならない初動(最初の土日)で、中規模以上の興行としてはワースト1位(2位は谷村美月「神様のパズル」、3位は石原さとみ「フライング☆ラビッツ」)、その後の15日間では観客が7242人という凄まじいコケっぷりだ。

 関係者も顔面蒼白だったはずだが、いちばんの被害者は映画館。堪忍袋の緒とともに同作を打ち切った映画館の中には、すでに上映の終了していた「おくりびと」を再上映させ、新作の「櫻の園」より動員したという話もあるから、もはや笑うしかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった