芸能

「日本大コケ映画祭」(6)興行収入ワースト1位はオスカーの“元祖”ゴリ押し女優

20160719ookoke_f

 シネコンが増えた近年、邦画界には“数打ってハズれた”大コケ作が大量生産されている。原因も敗因もさまざまだが、共通ワードは「爆死」。現在発売中の「アサ芸シークレットVol.40」ではそんな黒歴史作品を一挙公開。偉大なる(?)迷作に拍手!

 90年に公開され、日本アカデミー賞で優秀賞を獲得した中島ひろ子主演の「櫻の園」。その名作を当時、オスカープロモーションのいわゆる“ゴリ押し女優”だった福田沙紀主演でリメイクしたのが08年。これが邦画史上に燦然と輝く大コケ映画となってしまった。

 配給側は興収15億円を目標にしたというが、そもそもの映画化プランが事務所の提案ということもあり、共演も同事務所の若手ばかり。よって「オスカーのPR映画」と揶揄された同作は、初日から閑古鳥すら鳴かない惨状となった。櫻ならぬ、サクラをかき集めてでも動員しなけばならない初動(最初の土日)で、中規模以上の興行としてはワースト1位(2位は谷村美月「神様のパズル」、3位は石原さとみ「フライング☆ラビッツ」)、その後の15日間では観客が7242人という凄まじいコケっぷりだ。

 関係者も顔面蒼白だったはずだが、いちばんの被害者は映画館。堪忍袋の緒とともに同作を打ち切った映画館の中には、すでに上映の終了していた「おくりびと」を再上映させ、新作の「櫻の園」より動員したという話もあるから、もはや笑うしかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
3
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!