芸能

乃木坂46、AKB48&欅坂46との共演で浮き彫りになった「決定的に足りないもの」

20160724nogizaka

 7月18日に放送された音楽特番「FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~」(フジテレビ系)では、AKB48をはじめとした48グループと、乃木坂46らの46グループが合体した夢のドリームチームによる欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」のパフォーマンスが話題を集めている。

 それぞれのグループから中心メンバーが選抜され、計16名により構成された48&46のドリームチームだが、乃木坂からは生駒里奈、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花の4名が選出された。

 最多はAKBの5人だったが、同パフォーマンスではセンターを生駒が担当。西野と白石もフロントポジションを担当するなど、その振り分けはいま最も勢いがあるといわれている乃木坂を優遇したものだった。

 これには乃木坂ファンも大満足だったようだが、一つだけファンの間で不安視されていることがあるという。

「同企画では、AKBの『365日の紙飛行機』『恋するフォーチュンクッキー』、乃木坂の『君の名は希望』、欅坂の『サイレントマジョリティー』の4曲の候補曲の中から視聴者投票を行って、1番になった楽曲をドリームチームで歌唱するということになっており、1位は約106万票を集めた『サイレントマジョリティー』でしたが、乃木坂の代表曲『君の名は希望』は約50万票とその半数にも届かず4位という結果に。これをファンが非常に残念がったようですね。AKBの楽曲は2曲が候補にあがっていたため、票が割れることは危惧されていましたが、2位の『恋するフォーチュンクッキー』は約100万票、3位の『365日の紙飛行機』は約90万票と大接戦。乃木坂は完全に置き去りです。はっきり言えば、乃木坂の楽曲は世間ではまだ認知されていないという評価を下されたといっても過言ではない」(アイドル誌ライター)

 この結果に乃木坂ファンからは「生駒ちゃんのセンターは嬉しいけど、この結果は凹む」「やっぱ、国民的ヒット曲が乃木坂にも欲しい」といった声が頻発していた。

 たとえば、AKB48の「ヘビーローテーション」はいまや、高校野球などの応援ソングとしてもスタンドで演奏されるような国民的楽曲。やはりそれを持っているか否かはグループの存在感にもつながる。今回のコラボで、順風満帆なグループによもやの問題が浮上したようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」