芸能

乃木坂46、AKB48&欅坂46との共演で浮き彫りになった「決定的に足りないもの」

20160724nogizaka

 7月18日に放送された音楽特番「FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~」(フジテレビ系)では、AKB48をはじめとした48グループと、乃木坂46らの46グループが合体した夢のドリームチームによる欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」のパフォーマンスが話題を集めている。

 それぞれのグループから中心メンバーが選抜され、計16名により構成された48&46のドリームチームだが、乃木坂からは生駒里奈、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花の4名が選出された。

 最多はAKBの5人だったが、同パフォーマンスではセンターを生駒が担当。西野と白石もフロントポジションを担当するなど、その振り分けはいま最も勢いがあるといわれている乃木坂を優遇したものだった。

 これには乃木坂ファンも大満足だったようだが、一つだけファンの間で不安視されていることがあるという。

「同企画では、AKBの『365日の紙飛行機』『恋するフォーチュンクッキー』、乃木坂の『君の名は希望』、欅坂の『サイレントマジョリティー』の4曲の候補曲の中から視聴者投票を行って、1番になった楽曲をドリームチームで歌唱するということになっており、1位は約106万票を集めた『サイレントマジョリティー』でしたが、乃木坂の代表曲『君の名は希望』は約50万票とその半数にも届かず4位という結果に。これをファンが非常に残念がったようですね。AKBの楽曲は2曲が候補にあがっていたため、票が割れることは危惧されていましたが、2位の『恋するフォーチュンクッキー』は約100万票、3位の『365日の紙飛行機』は約90万票と大接戦。乃木坂は完全に置き去りです。はっきり言えば、乃木坂の楽曲は世間ではまだ認知されていないという評価を下されたといっても過言ではない」(アイドル誌ライター)

 この結果に乃木坂ファンからは「生駒ちゃんのセンターは嬉しいけど、この結果は凹む」「やっぱ、国民的ヒット曲が乃木坂にも欲しい」といった声が頻発していた。

 たとえば、AKB48の「ヘビーローテーション」はいまや、高校野球などの応援ソングとしてもスタンドで演奏されるような国民的楽曲。やはりそれを持っているか否かはグループの存在感にもつながる。今回のコラボで、順風満帆なグループによもやの問題が浮上したようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」