事件

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(1)10分で10名を刺殺した殺意

20160811a1st

 相模原市の障害者福祉施設で起きた戦後最悪の刺殺事件。深夜に突如、侵入した殺人鬼は、数十秒に1人のペースで無抵抗の入居者を刺した。血の海と化した現場から立ち去り、出頭したのは施設の元職員だった。もはや「許しがたい犯行」という形容さえむなしく響く残虐非道男のプロフィールとは。

「重度の障害者は生きていてもしかたがない。安楽死させたほうがいい」

 今から約5カ月前、同僚職員にそう語っていた男は7月26日午前2時頃、その言葉を「実行」に移した。神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の窓ガラスをハンマーで割って侵入。刃物を使ってわずか10分で10人を殺害するほど、その殺意は強いものだった。男は、約45分で計19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせる。殺されたのはいずれも障害者で、戦後最悪の大量殺人であった。

 駆けつけた消防隊員が施設内に入ると、床や廊下は一面血の海と化し、首を刺されて横たわった入居者が、「うぅ‥‥」と悲痛なうめき声を漏らしていた。犯行後、男は自身のツイッターに、〈世界が平和になりますように〉と投稿。午前3時頃、現場から約7キロ離れた神奈川県警津久井署に、車で出頭した──。

 神奈川県警に殺人未遂などの容疑で緊急逮捕されたのは、元職員の植松聖容疑者(26)だ。出頭時に乗っていた乗用車から、血の付いた結束バンドや、血に染まった3本の刃物が見つかり、現場からも刃物2本が押収されている。

 植松容疑者は、2月15日に大島理森衆議院議長の住む公邸を訪れ、警備の警察官に手紙を手渡していた。そこには、

〈作戦内容 職員の少ない夜勤に決行致します。重複障害者が多く在籍している2つの園を標的とします。

 見守り職員は結束バンドで見動き、外部との連絡をとれなくします。

 職員は絶体に傷つけず、速やかに作戦を実行します。2つの園260名を抹殺した後は自首します。〉(原文ママ)

 重複障害者とは2つ以上の障害を併せて有する人のことである。

 植松容疑者が3枚にわたって自筆した詳細な「犯行計画」。常軌を逸した内容に驚いた警視庁麹町署は、その日のうちに、自宅を管轄する神奈川県警津久井署に連絡し、手紙をファックスで送付した。だが、犯行の「予兆」はこれだけではなかった。捜査関係者はこう話す。

「1月頃、『障害者を殺したい』と友人らに連絡をしていた。公邸への手紙と同内容のメモを読み、安倍総理にも手紙を送ろうとして友人に止められている」

 家宅捜索の結果、植松容疑者の自宅から、手紙の下書きが発見されている。

 植松容疑者は、犯行現場から直線約500メートルの自宅で育ち、近所では好青年という評判も多く聞こえる。

「挨拶をする時は、笑顔でハキハキとしていた。小中学校は地元の公立学校に通い、高校は八王子市内の私立校に進学。バスケ部に所属していて、自宅の前の石垣に向かってパスをしたり、ドリブルの練習をしていました」(近隣住民)

 高校時代には、交際相手の女性とデートする姿も目撃されている。

「家の周りで、彼女と手をつなぎながら散歩している様子を何度か見ました。女性は黒髪で清楚な雰囲気。植松も短髪で『爽やかカップル』という感じでしたね」(中学の同級生)

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”