事件

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(2)大学デビューで墨を入れる

20160811a2nd

 植松容疑者の父は小学校教師、母はホラー漫画を描いていた漫画家だった。高校卒業後、父と同じ小学校教員を目指し、2008年に帝京大学初等教育学科に現役合格して入学。近所の住民にはうれしそうに、

「子供が好きなので学校の先生になりたいんです!」

 と抱負を語っていた。大学4年時の11年には、小学校で教育実習も行っている。

「孫が学校で授業を教わっていて、放課後には鬼ごっこをして遊んでもらっていました」(近隣住民)

 教員免許を取得したものの、採用されることはなかった。親しい友人には、

「入れ墨があるからプールに入れなくて困った」

 とコボしているが、隣人もこう話す。

「自宅前の路上にゴザを敷いて、海パン姿になってビキニを着た女性と体を日に焼いていました。背中には般若の入れ墨があって驚きましたね」

 高校時代から一転、大学生になってから髪の色を染め、服装も派手になった。高校の同級生が明かす。

「グループの仲間が次々と入れ墨を彫ったので、まねして始めました程度のものです」

 きっかけは薄弱だったが、以来どっぷりと入れ墨の魅力にハマり、都内で開かれていた「キング・オブ・タトゥー」という日本最大のタトゥーの祭典にも、毎年のように顔を出していた。イベントのポスターを部屋に貼るほどの入れ込みようだったが、あるイベント関係者が明かす。

「ある時、彼が都内のある人気店のブースに並んで、彫ってもらうのを待っていたことがありました。その日は客が多く、彫り師が断ると、『並んでいるヤツ、全員ぶっ殺してやりますよ。だから彫ってくれ!』と声を荒らげたんです」

 いきりたった植松容疑者を収めようと彫り師は自分の弟子に担当させた。だが、その出来栄えに納得できなかったようで、

「ヘタクソ! 殺してやる」

 と口汚なく罵倒したのだ。

 植松容疑者は教育実習の約3カ月後に、卒業後の就職先について自身のSNSに、

〈今日から彫り師として一生懸命頑張っていくことにしました〉

 と書き込んでいる。この時期と重ねて、「植松家」でも異変が起きた。

「入れ墨を知った母親の泣き叫ぶ声が聞こえ、バンバン畳を叩いていました。それからしばらくして、両親は家を出て行きました。家庭内での言動もおかしくなる時があったようで、逃げ出したのかもしれません」(隣人)

 それ以来、2階建の一軒家で一人暮らしをしていた植松容疑者。表向きは世間を欺くかのように、庭の草が隣の家まで伸びて注意されると、すぐに友人を集めて草むしりをするなど、近所との関係は良好だったようだ。

「家の中から、昼間に男性同士の笑い声が聞こえることはありました。交際している女性は見かけるたびに違っていましたが、夜中にアエギ声が漏れ聞こえてくることはなかったです」(前出・近隣住民)

 結局、大学卒業後は自動販売機の設置業者や運輸関係の企業を転々とし、12年12月から「やまゆり園」で働き始めることになる‥‥。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!