芸能

爆死ドラマに光?松嶋菜々子「43歳のウインク」「肉体営業」にオジサン卒倒!

20160809matsushima

 視聴率は振るわないが、一部の男性視聴者のハートはガッチリ掴んだ!?

 松嶋菜々子主演ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)の第3話が8月4日に放送された。

 同作で松嶋は、産後に広告代理店に復職した1児の母・吉良を演じているが、彼女にとって3年ぶりの連続ドラマ主演。そのため、ドラマ視聴率が著しく悪い数字を連発しているフジテレビも松嶋に大きな期待を抱いていたはずだが、この日の放送も平均視聴率6.8%とみごとな大爆死。初回放送から順調に数字を落としてしまっている状況だ。

 また、吉良が高収入の正社員で育休を3年も取ったうえに復職できて、なおかつ子供を保育園に預けられるなど、理想的過ぎる設定にまったく共感できない世間のママさんも多く、今後も人気回復の兆しは見えない。

 しかし一筋の光明というべきか、熱心な松嶋ファンだけは今回の放送に大満足していたようだ。

「この第3話は吉良をはじめとした広告代理店の社員たちが大口取引先との接待に臨むというのがメインの内容でしたが、接待カラオケのシーンで松嶋演じる吉良が松坂慶子の『愛の水中花』を熱唱。松嶋がドラマのワンシーンとはいえ、歌唱する姿を見せるのはかなりレアなこと。しかも歌った曲が、往年のオヤジ世代にとって色っぽい歌謡曲の代表。それを意識してか、途中でターンをしてウインクする大サービスまでありましたから、男性ファンはテンションが上がったようです」(週刊誌記者)

 その後ドラマは急転直下、部下の失態をきっかけになんとか相手の機嫌をとろうと奮闘する吉良に対し、接待相手が禁断の“枕”まで持ち掛ける展開に。吉良も一線を越えてしまいそうにもなり‥‥。「相手が松嶋なら、たとえオバサンでも枕可能」「『一瞬行ってもいいかなって思っちゃった』っていうセリフにめっちゃ興奮しました」など、ムフフなシチュエーションによからぬ妄想で悶々としたという視聴者もいたようだ。

 もはやドラマの存続は、43歳の美熟艶演技にかかっているかも?

(本多ヒロシ)

関連記事:清楚でいたい!?松嶋菜々子が「放送禁止用語」で咄嗟に取った行動とは? http://www.asagei.com/excerpt/61361

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
「ヤバい」男女の営みを「全部試した」!沢尻エリカ、「衝撃の奇行肉声」をキャッチ