芸能

爆死ドラマに光?松嶋菜々子「43歳のウインク」「肉体営業」にオジサン卒倒!

20160809matsushima

 視聴率は振るわないが、一部の男性視聴者のハートはガッチリ掴んだ!?

 松嶋菜々子主演ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)の第3話が8月4日に放送された。

 同作で松嶋は、産後に広告代理店に復職した1児の母・吉良を演じているが、彼女にとって3年ぶりの連続ドラマ主演。そのため、ドラマ視聴率が著しく悪い数字を連発しているフジテレビも松嶋に大きな期待を抱いていたはずだが、この日の放送も平均視聴率6.8%とみごとな大爆死。初回放送から順調に数字を落としてしまっている状況だ。

 また、吉良が高収入の正社員で育休を3年も取ったうえに復職できて、なおかつ子供を保育園に預けられるなど、理想的過ぎる設定にまったく共感できない世間のママさんも多く、今後も人気回復の兆しは見えない。

 しかし一筋の光明というべきか、熱心な松嶋ファンだけは今回の放送に大満足していたようだ。

「この第3話は吉良をはじめとした広告代理店の社員たちが大口取引先との接待に臨むというのがメインの内容でしたが、接待カラオケのシーンで松嶋演じる吉良が松坂慶子の『愛の水中花』を熱唱。松嶋がドラマのワンシーンとはいえ、歌唱する姿を見せるのはかなりレアなこと。しかも歌った曲が、往年のオヤジ世代にとって色っぽい歌謡曲の代表。それを意識してか、途中でターンをしてウインクする大サービスまでありましたから、男性ファンはテンションが上がったようです」(週刊誌記者)

 その後ドラマは急転直下、部下の失態をきっかけになんとか相手の機嫌をとろうと奮闘する吉良に対し、接待相手が禁断の“枕”まで持ち掛ける展開に。吉良も一線を越えてしまいそうにもなり‥‥。「相手が松嶋なら、たとえオバサンでも枕可能」「『一瞬行ってもいいかなって思っちゃった』っていうセリフにめっちゃ興奮しました」など、ムフフなシチュエーションによからぬ妄想で悶々としたという視聴者もいたようだ。

 もはやドラマの存続は、43歳の美熟艶演技にかかっているかも?

(本多ヒロシ)

関連記事:清楚でいたい!?松嶋菜々子が「放送禁止用語」で咄嗟に取った行動とは? http://www.asagei.com/excerpt/61361

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ