事件

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(2)凶行直前に周囲を探した理由

20160818_25cc2nd

 Xと植松容疑者の関係も奇妙に見えたという。

「植松の3歳下だと言っていましたが、すごく崇拝していて、植松は『Xさん』と呼び、Xは『植松』と呼び捨て。食事中にXの口元に食べかすが付いていたら、植松が拭いてあげるんです」

 XはAさんに福島県出身で中学の時に相模原市に引っ越し、最終学歴は中卒だと説明。だが、Xのフェイスブックには、横浜市在住で学歴として私立大学の記載がある。素性がバレるのを避けたのだろうか。

「Xの背中には桜柄の入れ墨があり、『闇金の人が見せるために入れている。だから俺も入れた』と見せてきました。仕事は覚醒剤や麻薬を扱う売人で、自分のバックには、『山菱の指定されていない方がついている』と話していた」

「山口組」を匂わせたようだが、現実の組員がこのように名乗ることはない。ばかりか、偽称した者を許すこともない。

 7月5日にXから呼び出された時も、防犯カメラが少ないという理由で六本木ヒルズの敷地内だった。その時、Xから「革命のための教本」を見せられる。

「A4用紙約20ページで、表紙には『三か月計画書』というタイトルと、安楽死を連想させるように、外国人女性がベッドで目をつぶり、家族に囲まれている写真がありました」

 その中身をじっくり読ませてもらえる許可が下りたのは、3回目(7月7日)に会った時だ。

「表紙をめくると、大島理森衆院議長に送った手紙の縮小版と、障害者福祉を管轄している厚生労働省に送る予定の手紙が載っていました。次のページはグループのメンバー紹介で、写真はなく、名前、前科、性格が書いてあった。前科者の中には殺人1人、放火2人、強姦1人がいました」

 続いて「1」と大きく数字が書かれ、活動資金や計画に必要な金額、人員確保のため、「7月21日までに1人5人以上」とノルマが記されていた。

「次のページは『2』と書かれ、事件が起きたやまゆり園の地図と実行犯に植松の名前が載っていた。決行日は7月26日深夜、車2台、逃走用の車の配置などが書いてあったのです」

 襲撃対象者として、障害の重さを表す障害支援区分の数字「4~5」が記されていたという。実際、植松容疑者は犯行時に職員を結束バンドで縛り、重度障害者の居場所を聞いている。また、防犯カメラには、犯行直前に植松容疑者が施設近くに車を止めたあと、その場を行き来する姿が映し出されていた。計画書に「車2台」とあり、仲間を探していた様子ともうかがえる。

「計画書にはサバイバルナイフやナタ、ノコギリやハンマーなどの武器や、結束バンドの使い方が図解入りで載っていた。安楽死させるために、心臓ではなく首や頭を狙うのもグループの決まりだったようです」

 その理由は、植松容疑者がAさんに「バイブル」と告げた、漫画「罪と罰」が影響しているようだ。

 そのストーリーは主人公の大学生の男がある日、売春組織の存在を知り、金を奪うためにリーダーの女子高生を殺害する計画を実行する。部屋にリーダーをおびき寄せた男は、ナタを頭に振りかざして殺害。犯行を目撃した女子高生もナタで頭を攻撃して殺す、というものだった。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
3
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
4
石川佳純、「バストラインもハッキリ」な「大胆すぎる開脚ショット」の衝撃!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ