政治

稲田朋美 ネトウヨ萌えな「メガネっ娘」素顔を先生調査!(3)「最終目標は総理」との宣言も?

20160908g3rd

「次期総理」候補である稲田氏の周りには、お近づきになりたいマスコミが常に追いかけている。政治部デスクはこう話す。

「安倍総理と仲がいいので、情報源としても重宝されています。今のうちに良好な関係を築いておこうと、マスコミ各社はイケメンやファッションに詳しい女性を『稲田番』にして機嫌をうかがっています」

 テレビカメラの前では毅然とした態度でコワモテの印象を受けるが、カメラが回っていない時は、ノリのいい関西弁で気さくに取材に応じるという。

 5月23日には、党本部で菅義偉官房長官(67)と稲田氏の話し合いが行われたあと、こんな場面が見られた。

「当時、消費増税の先送りや参院選が近かったので、どんな会話をしたのか、注目が集まっていました。囲み取材になると、急に稲田さんがテレビ局の女性記者の靴を指して、『かわいい靴やね。どこで買ったん?』と女子トークを始めたんです」(政治部記者)

 ようやく落ち着いたところで、男性記者が菅官房長官との会話について質問すると、

「フフフッ、世の中おもしろいなって話やったわ」

 と言って、笑ってごまかされたという。

 人気上昇で一挙手一投足に注目が集まるため、今まで以上にみずからの発言を注意しているようだ。五味氏はこう語る。

「稲田氏の話を聞きたいと、地方から講演依頼が多く舞い込んでいます。講演先で野党やマスコミに失言を拾われないように、メディアにも日程を教えていません。中国、韓国との3カ国首脳会談の年内開催を目指す中、問題発言で批判の矢面に立たないよう慎重になっています」

 8月25日、18年9月に任期満了となる安倍総理の任期延長について、自民党は9月から本格的に議論を開始することがわかった。

 党の規則である「1期3年、連続2期まで」を変更して安倍総理の続投が実現すれば、後継者に稲田氏が指名される可能性も高くなりそうなのだ。

「初の女性総理になっても不思議ではないですが現時点での実現は2割くらい。破格のチャンスをもらって早い段階で重要ポストに就きましたが、政治家としてはまだ荒削り。防衛大臣として結果を残せるのか、真価が問われる。安倍総理の顔に傷をつければ脱落もあるでしょう」(浅川氏)

 第二次安倍政権成立当初、安倍総理は、小渕優子衆議院議員(42)を筆頭に、小池百合子東京都知事(64)、野田聖子衆議院議員(55)など「女性後継者」の登用を図っていた。金銭問題や鞍替えなどで失墜する中、ダークホースとして目下、頭一つ抜け出したのが稲田氏である。

 その稲田氏も「総理候補」としての自覚が芽生えたようで、昨年3月、都内の講演で力強くこう“宣言”した。

「全ての政治家が最終目標を首相に置くのは当然」

「メガネっ娘」が総理の椅子に座り、網タイツをはいた脚を組む日は訪れるのか──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」