芸能

美しい胸を持つ女優たちの禁断未公開ショット!(2)秋ドラマで石原さとみがサービスカット連発?

20160915g

 続いて、秋ドラマの主役となりそうなのが「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)で主演を務める石原さとみ(29)だ。スポーツ紙芸能デスクが語る。

「このドラマが放送される水曜の夜10時は働く女性をターゲットにした枠で、石原は5年前にも『ブルドクター』に脇役で出演しました。アラサーになった今回のドラマでは、現場で座長のようなリーダーシップが求められるだけに気合いが入っています」

 石原の役どころは、ファッション誌の編集志望で出版社に就職した新人OL。ところが、配属されたのは校閲部。原稿の間違いなどを校正する地味な部署に回されてしまうのだ。

「さとみちゃんはドラマの役が決まるまで、校閲という言葉を聞いたことがなかったそうです。でも、具体的な仕事の中身を知って『校閲がいなければ本が出来上がらないですね、これから勉強します』と張り切っていました」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 がむしゃらに文字と格闘するOL向けドラマとあって、オジサマ族にはソッポを向かれそうだが‥‥。

「ドラマは10月からの放送で、まだクランクインしていませんが、先んじて行われた衣装合わせでは、見えそうで見えない露出過多なキャバ嬢も顔負けのド派手な衣装が用意されました。スチール撮影のため何着か試着したさとみちゃんは『ちょっと~派手すぎ~』と赤面していたほど」(ドラマ関係者)

 このセクシーな「キャバ服」の谷間から、こぼれんばかりの“旬乳”を披露した石原は、

「こんなエロいの着てるOLっている!?」

 と、エロトークで大盛り上がりだったという。

「この谷間見せ衣装で動くと、さとみちゃんの胸がユサユサと揺れるんです。そのサイズと成長ぶりに驚きました。5年前と比べて谷間が20~30%はボリュームアップ、事務所の先輩の綾瀬はるかさんに迫るほどの巨乳に変身しています」(前出・ドラマ関係者)

 石原に負けじと胸元アピールに励んでいたのが滝川クリステル(38)。8月22日放送の「メダリスト大感謝祭SP」(フジテレビ系)の司会として生出演した滝川の様子を番組ディレクターが語る。

「安定したアナウンス力で生番組のMCの役割をきっちり果たしていた滝川ですが、その舞台裏ではちょっとしたハプニングがありました。彼女の衣装はシャンパンゴールドの派手なドレスだったのですが、二の腕がまる出し、しかも上半身がタイトなデザインだったため、胸の形がクッキリ浮き出るほどの妖艶さでした。リオ帰りのメダリストたちは思わぬセクシーなおもてなしを受け、目線が釘づけとなっていました」

 4年後の東京五輪でも、この“金乳”シルエットで日本選手を鼓舞してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!