社会

発生から5ヶ月…熊本地震被災者「いまだ公園で寝泊まり」の悲惨生活

20161006f

 熊本地震の発生から5カ月。熊本市内では最大11万人もの避難者がいたとされるが、9月15日には市内最後の避難所も閉鎖された。だが、今なお、悲惨な路上生活を送る県民が多数存在しているのだ──。

「5カ月たっても、公園で寝泊まりしている人間がそこかしこにいる。車を持っている人はまだマシで、ない人は地面に布団を敷いて寝るホームレス生活だよ」

 9月22日の時点で、震災関連死を含めた死者は114名。中でも直接死50名のうち20名を記録したのが、4月14日に発生した「前震」の震源地である益城町だ。住宅は5600棟以上が全半壊し、現在も爪痕が強く残る。冒頭の発言は瓦礫の残る“自主避難所”にて、十数名の避難者とともに家族でテント生活を送るA氏の言葉である。

 県災害本部の発表によると、21日時点で益城町には211人が唯一の“指定避難所”である総合体育館で避難生活を送っている。その避難所も、「10月中旬には町内全ての仮設住宅が整備され、必要な戸数を確保できる見込みとなった」として、10月末での閉鎖を決定した。一見、かつての日常生活を取り戻しつつあるように見えるが、A氏によると、これはまやかしにすぎないという。

「応募倍率は下がりつつあるけど、仮設住居はへき地に建てたものばかり。車がなければ生活ができないので、高齢化が著しい益城では『仮設に入るよりも避難所のほうが快適に生活できる』と嘆く声が出るほど。応募しているのは一部だけだよ。避難所の中には新住居が見つかっていない人間がいる。閉鎖されたら、俺らみたいに路上生活者になるのもいるだろう」

 実際、避難者数については、

「この数値は避難所にいらっしゃる方の数字であり、公園などに自主避難されている方は含まれておりません」(県危機管理防災課)

 とのことで、A氏のような存在は「避難者」として認識されておらず、実態は計り知れない。では、A氏らには路上生活を送る理由があるのだろうか。

「『みなし仮設』に入ることが目的なんだ」

 聞き慣れない言葉だが、県が民間賃貸住宅を借り上げ、被災者に無償提供する制度だ。ただし希望者は自分で物件を探し、契約を結んだうえで申請書を作成、県または市の認可を受ける必要がある。9月20日には不足を危惧した県が新たに5000戸を借り上げると発表したことに加え、宮城県など、6つの他県でもみなし住居の供与が行われているのだが‥‥。

「実は物件の数は足りているんだ。ただ、貸主がトラブルを恐れて、身寄りのない人や高齢者の入居を断る。貸主の許可を得られたとしても保証会社に断られるケースも多い。失業している人間には貸さないから」

 障害はこれだけではない。制度では敷金2カ月、礼金1カ月に加え、毎月の家賃を4人世帯までは6万円、それ以上は9万円まで保証すると規定しているのだが‥‥。

「県や市に申請を行っても認可に時間がかかる。その間、貸主がお金を取りっぱぐねないよう、県が負担する入居費用、敷金、礼金以外にも数カ月分の家賃を加えた額を要求されるんだ。認可が下りれば返ってくるとはいえ、日々の生活費すら困窮している被災者がそんな大金を立て替える余裕なんてないよ」

 そう言うと、「震災前の水準だったらもっと多くの人間が入居できているのに」と、A氏は肥え太る貸主への不満をぶつける。

「震災前の家賃相場は熊本市の繁華街でも1DKで3万円台だった。それを県が『6万、9万円まで保証します』と言うもんだから、築年齢が古かろうが、家主は賃料を国の保証額に設定するようになった。ネット上では安い物件が並んでいるから誤解されがちだけど、『みなし仮設で契約したい』と言うと値上げされる。貸主の中には今回の震災を『神の恵み』と言う人まで現れている。路上生活でも雨が降ると車中泊の人が中に入れてくれるけど、みんな、今後のことが不安で話し合うから寝られないんだ。みんな、仕事もなく、金の亡者が跋扈する故郷を捨て、県外のみなし住宅を探そうと考えている」

 報道も減った今こそ、被災地の現実を見つめ直す必要があるのではないか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!