芸能

放送開始!NHK新朝ドラ「べっぴんさん」“桃”レポート!(2)もんぺ姿の女優陣にスタッフが…

20161013k

 夫役の生瀬は、これまで何度も菅野と共演している旧知の仲。だが、菅野がまとう新たな色香は、生瀬に、

「何か『美穂ちゃん』って声を気安くかけられない雰囲気だよ。神々しくて、近寄りがたいくらい」

 と、言わせるほどだった。その生瀬は髪の毛がボサボサで、衣装も野暮ったい。

「それに比べて惨めな俺」

 と、笑いを取っていたほど。生瀬の自虐ネタに菅野は、

「生瀬さん、とても似合ってますよ」

 と笑顔でダメ押し。現場の雰囲気は上々のようだ。

 芳根、蓮佛の美人姉妹が登場するのは、菅野の死後。すでに舞台は戦時中となる。激化した戦時下とあって、衣装はその時代のもの。「生もんぺ」など見たこともないスタッフが多い。

 当時を知っているのは、生瀬の母親役で、芳根、蓮佛の祖母役となる、39年生まれで現在77歳の中村玉緒のみという状態だ。だが、NHK関係者が「不謹慎にも」と前置きしながら、こっそり明かしてくれた。

「特に芳根さんの姉役の蓮佛さんにイヤらしい視線が集まっています。特に肉感的ではないのですが、色白、もんぺ姿が妙に色っぽく見えるんです。玉緒さんからは共演者に『もんぺの下着はシュミーズをつけズロースをはいていたのよ』と演技指導がありました」

 シュミーズとは、肌着のことで「ババシャツ」などと呼ばれる。今日ではその一種であるキャミソールのほうが主流となっている。また、ズロースはパンツのことでいわゆる「デカパン」。パンティやショーツのデザイン性や機能性に押され、今日ではグンゼなどが細々と作るのみである。

「玉緒さんのアドバイスですから、そうするでしょう。おかげで、『あの美人のもんぺの下に‥‥』とよけいに妄想をかきたてられてしまい、若いスタッフは新鮮なエロスを感じています」(前出・NHK関係者)

 一方で、年配スタッフたちはそんな姿を見て、

「昭和の匂いがする。昔のブルーフィルムを思い出すね」

 とニヤニヤが止まらない状態だという。

 Fカップ巨乳で知られる谷村美月(26)や、ももいろクローバーZの百田夏菜子(22)。96年の朝ドラ「ふたりっ子」で双子の子役でデビューした三倉茉奈(30)や、いしのようこ(48)、舞台出身の演技派女優・土村芳(25)など女性ばかりが登場する作品となっている。

「時代背景もあってもんぺだらけ。柄も紫の生地にピンクの花柄をあしらったものもあり、おしゃれに作っています」(前出・NHK関係者)

 テレビ画面では緊迫したシーンも、舞台裏はフェロモンであふれ返っているようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
4
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
5
旧ジャニーズ勢「12番組全切り」で経費ガッツリ削減も…ラジオ放送を取り巻く厳しい実情