芸能

片岡愛之助&藤原紀香、心づくしの逸品ばかりの引き出物に賞賛の声

20161006ainosuke

 歌舞伎俳優の片岡愛之助と女優の藤原紀香が9月28日、披露宴を行った。慎ましやかな和装で愛之助を立てた紀香に賞賛が上がっているが、同時に出席者に配られた引き出物にも感心の声が聞こえてくる。

 引き出物は愛之助が大好きだというブランド「フランク・ミュラー」のお皿や、紀香の両親の出身地である和歌山の柿などこだわりの品ばかり。また紀香がかねてから愛用している水素生成器「マルーン」も加えられた。

「水素生成器を引き出物にしたいと強く希望したのは、紀香ではなく愛之助だそうです。愛之助は妻から勧められ、健康に大きな効果があったことからとても気に入り、披露宴に出席いただいたお客様にも健康になってほしいとの思いから引き出物に加えたと聞きました」(愛之助に親しい関係者)

 愛之助と紀香のこだわりがたっぷりと詰まった品で、販売されているマルーンとは異なるいわば“愛之助&紀香スペシャルバージョン”。桐の箱に入れられていること、二人のメッセージが加えられていること、さらに「マルーン」のロゴが黒・柿色・萌葱と歌舞伎の定式幕になっていることなどが特徴だ。

「今年3月、結婚発表から間もなくして注文をいただきました。風呂敷の色やロゴの位置などいくつものパターンの試作品を作り、お二人のこだわりをすべて盛り込んでいます。6月から製造に取り掛かり、披露宴の前にすべてお納めできた時は肩の荷が下りた気持ちになりました」(マルーン製造メーカー・株式会社フラックス社 松木清悟代表取締役)

 引き出物が何度もマスコミで取り上げられたことや、二人の気持ちがこめられていることから、通常のマルーンではなく引き出物そのものを販売してほしいとの問い合わせが寄せられているそうだ。

「注文いただいて決まった数だけ特別に作ったものですし、お二人の引き出物用のものですから残念ながらお断りしています。それにお二人のこだわりを十分に反映させたため、販売価格をつけることができないんですよ」(前出・松木清悟代表取締役)

 それを出席者全員690人に配った愛之助の心意気に賞賛が集まるのも当然のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ