スポーツ

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<野球篇/特別インタビュー・広岡達朗>(2)川上さんを見返したかった

20161020o2nd

 ヤクルト、西武の監督として日本一を達成した広岡氏は、95年に千葉ロッテのGMに就任する。球団は5年契約を提示してきたが、「3年で結果を出さなければ、責任を取る」と断言した。しかし、思わぬところから横やり。当時のボビー・バレンタイン監督との確執がスポーツ紙上でたびたび伝えられたのだ。

「日本の野球のスタイルになじめずにいたボビーが泣きついてきたこともあった。ボビーは、私の助言には、いつも『イエッサー』でしたよ。実際、2人の関係は良好だったが、まるで犬猿の仲かのような事実を歪曲したデタラメな記事が書きたてられたのです」

 記事の影響もあり、チームは空中分解し、広岡氏も96年に任期途中で解任される。広岡氏によると、批判の急先鋒となったのは某スポーツ紙だったという。

「同紙が敵に回ったのは、川上派だったから。さらに川上さんは、一番弟子の藤田(元司)を使って、球団オーナーを懐柔。こともあろうに、西武時代に私の下でヘッドコーチを務めていた近藤昭仁を監督に、打撃コーチだった長池徳士もコーチに招へいし、チームを編成したんです。ところが、98年にチームは18連敗と不名誉な記録を作った」

 名前のあがった、川上氏との対立は有名である。広岡氏が巨人に入団した1年目の出来事だ。当時、巨人の一塁手だった川上氏は、後輩の広岡氏に対して、こう告げたという。

「俺は守備が下手だから、この範囲は捕球するけど、ここから横にそれたら捕らんぞ」

 そのため、川上氏は、守備でユニホームを泥だらけにすることはなかった。

「川上さんは、守備の時もバッティングのことばかり考えていた。こっちもプロの世界で生き残っていくために必死だったから、『そのくらいの球は、他のファーストだったら捕球できますよ』と訴えたこともありました」

 また、現役引退直後の67年、単身渡米した広岡氏がフロリダ州ベロビーチで行われていた、V9真っただ中の巨人キャンプを視察した時のこと──。

「広岡が来たから、練習をやめろ」

 当時、監督だった川上氏の下で参謀役を務めていた牧野茂氏が、選手にそう指示を出したというのだ。

「この野郎って思いましたよ。でも、対立があったから必死に練習して、技術を磨くことができた。監督になってからも、川上さんを見返してやりたい、強い巨人を倒したいという気持ちを忘れることは一度もなかった。その反骨心がヤクルト、西武で日本一になる原動力になったのです。だから、川上さんは私にとって恩人でもあるのです」

 そう話す広岡氏は、現在の巨人の体たらくについて、「ここから建て直すのは茨の道。僕がもう20歳若かったら──」と嘆くのだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス