芸能

元日テレ・敏腕プロデューサーが明かす「3年連続視聴率3冠の秘密」(2)大喜利は20分以上できない

20161103w2nd

 高齢者に支えられる「笑点」だが、ほかならぬ出演者自身にも高齢化の波が押し寄せてきている。

 かつて私が「24時間テレビ」を担当した際、

「日曜の夕方に放送して高視聴率を稼げる『笑点コーナー』を長めにできないか」

 と担当者に打診したことがあった。その時の返答は、

「出演者にも、収録参加者にも、高齢者が多いため、生放送での大喜利は20分以上はできない」

 というものだった(笑)。そんな「笑点」は、今年5月29日の放送から、司会が桂歌丸(80)から春風亭昇太(56)に替わった。新メンバーに林家三平(45)も加わって、平均年齢約66歳から約62歳へと若干の若返りとなったわけである。これは、

「この先20年は番組を続けるぞ」という、日テレの決意表明だろう。

 ただし20年後、新たに高齢者となる今の50代は、すでにスマホ・ネット世代である。その時「笑点」を観るかはわからないのだが、平均寿命が伸び続けているのだから、その時点でも80代90代はお元気だろう。引き続き「笑点」は、それなりの視聴率を取っていることが予想される。

 18時に「笑点」がキャッチした高齢者を、そのまま引っ張るのがニュース番組の「真相報道 バンキシャ!」である。ここで主婦層などやや若い視聴者も巻き込んだ状態で、19時の「THE鉄腕DASH」を迎えるのだ。

「鉄腕DASH」は、番組スタート時は23時台の遅い開始時間であった。当初のウリ文句は、

「この番組はTOKIOのメンバーをアイドル扱いせず、さまざまなことに体を張ったチャレンジをさせます」

 といったものだった。「江ノ電が一駅走行するのにメンバーがリレーで併走して勝てるのか?」など、当時のジャニーズ出演番組としては大胆な企画を実行していた。

 そして19時台に移ったあと、番組は「DASH村」というロングヒット企画をものにするのだ。これは単発でのチャレンジ企画ではなく、「村づくり」というロングスパンの番組自体の「チャレンジ」であった。「農業するアイドル」というのも画期的だったが、やがてメンバーが道具作りから「農業」などに本格的に取り組む姿が、ジャニーズファンという枠を超えて、ファミリー層から高齢者層の心も捉えたのである。ちなみに当時「DASH村」には、メンバーが不在の時も住み込みで田畑を守りながら、四季の移ろいを撮影していたスタッフがいたことを参考までに記しておこう。

村上和彦:(株)プラチナクリエイツ代表。65年生まれ、神奈川県小田原市出身。元日本テレビ放送網制作局専門部長兼演出家・テレビプロデューサー。「ヒルナンデス!」を立ち上げ、「『笑っていいとも!』を終了させた男」として知られる。「スッキリ!!」の視聴率アップや、「24時間テレビ」ほかを総合演出。14年に日本テレビを退職し、フリーランスに転向。現在もテレビ東京「モーニングチャージ」監修ほか番組制作を行っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由