スポーツ

大仁田厚 ハーレム「邪道生活」を直撃取材!(4)大仁田へ決別のメッセージ

20161110n4th

 59歳になっても多くの女性たちをトリコにする、口説きのテクニックは気になるところである。所属事務所を通じて、大仁田にコメントを求めると、担当者はこう返答した。

「大仁田は独身なんだし、交際している女性が何人いたとしても別に問題ないでしょう。プロレスの世界ではよくあること。(週刊アサヒ芸能9月29日号で報じた)5000万円の借金の記事も当事者の問題でよけいなお世話。おたくのような三流雑誌に対して、本人がコメントすることは何もありませんよ。よく勉強して、もっとまともな記事を書いてくださいよ!」

 一方的にまくしたてられたが、“7股愛人”の事実に対する反論はなかった。

 さらには、第一愛人とされるA子さんのカウンセリングルームを訪ねた。

──10月21日の試合後、大仁田さんが運転する車の助手席にA子さんが乗って会場をあとにするところを目撃しましたが。

「そうでしたっけ? 当日はチケット販売の手伝いをしていました。大仁田さんから依頼されて、Tシャツのデザインや販売、現場のマネージメントも任されていますので‥‥」

──おふたりは愛人関係にありますよね?

「私からは何も申し上げることはございません」

──A子さんの他にも複数の愛人がいることはご存じでしょうか?

「そんなのはデタラメです。借金の記事を書いたのもあなたですか? そんなウソばかりの記事を書いて、楽しいですか?」

──愛人問題も多額の借金の踏み倒しについても事実と異なるというのなら、どこがどう違うのかをきちんと反論していただけませんか?

「もう話すことは何もないので、お引き取りいただいてもよろしいでしょうか」

 その後、A子さんはただ口を閉ざすのみだった。

 すでに愛人関係を清算しているB子さんは言う。

「仕事も大事なので、大仁田さんに人生の全てをささげることはできない。このままつきあっていても先が見えないので、私のほうから離れる決心をしたのです。関係が関係だったので、特に別れ話はしていません」

 さらにB子さんは、大仁田に伝え忘れていたこんな決別のメッセージを送るのだ。

「大仁田さんに対しては、恨みも未練もありません。大仁田さんは離婚してから今日まで、たくさんの愛人に囲まれる生活スタイルでやってこられたのでしょうけど、来年は還暦にもなられるので、お相手のことも考えて、もうそろそろ1人にしぼったほうがよろしいかと‥‥」

 これまで何度も「引退⇒復帰」が許されてきた大仁田だが、女性の爆発はリングより怖いかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」