芸能

元日テレ・敏腕プロデューサーが明かす「3年連続視聴率3冠の秘密」(8)無難で似た番組が増えたが…

20161110m4th

「24時間」を通じて、日本テレビを引っ張るディレクターたちに強い仲間意識が植え付けられる。助け合いながらチャレンジする──制作サイドも、まるで「24時間」の精神を体現するがごときなのだ(笑)。

 翌年に、前年総合演出だった人間が「演出担当」の一人として、新しい総合演出の下で携わることもよくある。私も04年の翌年は1回お休みさせてもらったが、06年には「世界一受けたい授業」を担当する後輩の総合演出を、「演出」としてサポートさせてもらった。

 この「24時間テレビ」を通じて展開されるディレクター陣の濃密な共同作業によって、まずは日本テレビの視聴率を取るノウハウが共有される。それと同時に強い「一体感」が生まれるのだ。これはディレクターだけではない。「24時間」制作を通じて、タレント事務所と向き合うプロデューサーたちも同様に、総合プロデューサーの下で同じように経験を積んでいくのだ。

 私は独立して以来、各局で仕事をしているが、この「一体感」は日本テレビが圧倒的であると感じている。他局では「抜け駆け」して「出し抜いて」「一発当てて」スタープロデューサーになりたいという風潮を感じることがある。日テレの人間にも当然そういう部分はあるし、テレビマンたる者あって当然なのだが、何かの折には「一致団結」するところが「日テレ」の特長だ。

 V9時代の巨人、あるいは広岡・森監督時代の西武のようにスターであってもチームバッティング、時には送りバントも辞さない──そんな天衣無縫とも呼ぶべきチーム力こそが、日テレの強さの源泉と言えよう。

 ただ、V9末期や、森監督時代の西武は「強いけどつまらない野球」とも言われた。現在、他局につけいる隙を与えない日テレであるが、「間違いなく視聴率を取れるやり方」で番組を作る一方で、冒険心に富んだ企画は実現しづらい一面もある。視聴率を確実に取りにいくがゆえに、無難だけど似たような感じの番組が増えているのが気がかりだ。

 若いディレクターたちが「自分も早く番組を当てなければ埋没する」と焦燥感を募らせているのも事実である。

 日テレは03年「視聴率買収事件」を起こした。また12年には「芸能★BANG+」が、オセロの中島知子(45)を「洗脳した占い師が出演する」と予告しながら出演せず、打ち切りとなった苦い過去がある。「当てなきゃマズイ焦燥感」は、会社を揺るがす不祥事を引き起こす下地となる。「ブレない」「楽しんで作る」など、日テレの「イズム」を常に頭の片隅に置いてほしいと、OBの一人として願うばかりだ。

 勝ち続けることは難しいのだが、今の日テレなら少なくとも向こう2~3年は安泰だろう。思わぬ不祥事に足をすくわれるようなことがなければ。

村上和彦:(株)プラチナクリエイツ代表。65年生まれ、神奈川県小田原市出身。元日本テレビ放送網制作局専門部長兼演出家・テレビプロデューサー。「ヒルナンデス!」を立ち上げ、「『笑っていいとも!』を終了させた男」として知られる。「スッキリ!!」の視聴率アップや、「24時間テレビ」ほかを総合演出。14年に日本テレビを退職し、フリーランスに転向。現在もテレビ東京「モーニングチャージ」監修ほか番組制作を行っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す