芸能

川栄李奈とは雲泥の差!「あずみ」小園凌央のドヘタ演技は父・ヒロミ譲り?

20161115kawaei

 11月10日、元AKB48の川栄李奈が主演を務める舞台「あずみ~戦国編」のゲネプロが東京・Zeppブルーシアター六本木で行われた。

 同舞台の見どころは川栄が見せる激しい殺陣。なんと500人斬りに挑むという。そんな川栄を構成・演出を手掛ける岡村俊一氏は「こんなにできるとは思わなかった。もう教えることがないくらい。言葉悪いですけど、アイドル崩れみたいなこと言うヤツがいるかもしれないけど、とんでもない。みんな観に来たほうがいい!」と大絶賛している。

 しかし、ベタ褒めされた川栄とは対照的に岡村氏にボロクソに言われていたのが出演者の1人であり、ヒロミと松本伊代の息子で俳優の小園凌央だ。

「岡村氏は報道陣から小園の演技についてコメントを求められると『小園はね‥‥ヘタです! ものすごくヘタです』と一蹴。それに続けて『でも、何と言うんでしょう、独特な面白さというか味があって楽しめます』とフォローしたものの、小園は毎日のようにヘタと言われ続けていたようですね」(エンタメ誌記者)

 小園は酷評され続けたことで稽古期間を通してメンタルも強くなったと笑い話に変えていたが、このことをネットニュースで知った人々からは「演技は見たことがないが下手そうだと思っていた」「絵に描いたような親の七光り」「2世タレントでよかったな」という冷やかしの言葉が連打された。

 また、このイジリは小園だけにとどまらず、父のヒロミにも飛び火しているようだ。

「7月から9月に放送された藤原竜也主演のドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)で、藤原の上司役としてヒロミも出演していましたが、視聴者からは『演技が下手すぎる』というダメ出しが毎回のように聞こえていました。『親子揃って大根役者とは‥‥』『才能のない2世を誰が喜ぶの?』など、親子まとめてボロクソです」(前出・エンタメ誌記者)

 タレント業がメインの父ヒロミはともかく、小園は俳優業がメイン。これ以上、ヘタクソ呼ばわりされない死に物狂いの努力が必要だろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故