芸能

相方の親に挨拶を強要!ムーディ勝山のエグすぎる天狗エピソードにドン引き

20161115moody

 数多い一発屋芸人のなかでも「断トツで性格が悪い」と、視聴者はまだおかんむりだ。

 10月31日に放送されたバラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、07年にムード歌謡ネタ「右から来たものを左へ受け流すの歌」で大ブレイクした過去を持つムーディ勝山がしくじり先生として出演。

 ムーディといえばピンで活動しているイメージが強いが、実は養成所時代の先輩・梶剛と「勝山梶」というコンビを05年に結成。10年に解散しているため、現在は正真正銘のピン芸人なのだが、ブレイク当時はまだコンビ続行中。その元相方への扱いがひど過ぎたことが番組で明らかになったのだ。

 コンビ結成2年目にしてムーディが突如として売れてしまったため、コンビ内格差が広がったという。仮にも相方は先輩。にもかかわらず、ムーディは敬語から完全なタメ口にシフト。呼び方も“梶さん”から“お前”に変わったといい、「寄生虫同様」に思っていたとまで暴露。結成から5年後には「相方を見下し、捨てるように解散した」と語った。

「エピソードの1つですが、梶の地元・香川で営業する機会があった際、梶の親が観に来ていたとのこと。ところがムーディが、ステージ上で『梶くんの親が来てるみたいですけど、僕のところに挨拶に来てないんですわ』と言いのけてしまったとのこと。営業終了後に梶の親は楽屋に来て、ムーディに『すみません。挨拶しなくて』と謝ったようですが、ムーディは挨拶に来ていなかったことに本気で腹を立てていたようで、一切その謝罪中に笑わなかったようです。この絵に描いたような天狗ぶりにはドン引きでした」(女性誌記者)

 ムーディは番組で涙を流し反省していたようが、エピソードのエグさから「売れなくなったから謝っただけだろ」と、同情はほとんど得られなかった。

 結局、元相方の梶も現在はピン芸人として活動しているが、テレビでまったく見かけなくなったムーディとは対照的に、地元の香川でレギュラー番組7本を持つ売れっ子だという。これも絵に描いたような立場逆転。まさに、おごれる者は久しからず、だ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
2
上戸彩、「絶対零度」月9で復活も過去に視聴者ブチギレさせた問題場面とは?
3
吉高由里子と広瀬アリス、伊調と吉田…有名男女11組の最新ケンカが暴かれた!
4
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
5
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱