芸能

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(2)<ドラマ篇>「もう誰も愛さない」での衝撃シーンを伊藤かずえに直撃

20161124i

 日本のテレビの歴史は、常にドラマの話題とともにあった。あの高視聴率作品から知る人ぞ知るコアな佳作まで、魔境に入り込んだ歴史をここに…。

 先日逮捕された高樹沙耶は、人気シリーズの「相棒」(00年~、テレビ朝日系)に重大な影を落とした。杉下右京(水谷豊)の元妻役でシーズン10まで出演。そのため、昼の再放送枠では現在、高樹の出演した回は見送られている。

 そして、高樹に関係なく“永久欠番”となったのが、シーズン3の第7話「夢を喰う女」(04年)だ。右京と亀山(寺脇康文)は、図書館司書の女から閲覧者の個人情報を聞き出す。

「図書館員の倫理綱領と守秘義務違反にあたる」

 図書館の関係者からの厳重抗議を受け、テレ朝は欠番という判断を下した。

 抗議によって制作自体が中止になったのは、ビートたけしを田中角栄役にもくろんだ「異形の将軍」(未放送、フジテレビ系)である。03年に発表されると、田中真紀子を中心とした遺族側の猛抗議を受け、あえなく断念する。

 今年、NHKが「ロッキード事件」を実名でドラマ化したことを思えば、もう少し粘り強く交渉してもよかったかも‥‥。

 ジェットコースタードラマの元祖で知られる「もう誰も愛さない」(91年、フジテレビ系)には、再放送やDVD化でカットされた伝説のシーンがある。悪徳弁護士に扮した伊藤かずえが、悪の親玉(伊武雅刀)に200億円を要求したせいで、バラバラ死体にされる。そしてゴミ捨て場に「ゴロリと転がる生首」のシーンが映し出され、大きな話題となった。

 現在は封印されていることを伝えると、伊藤は不満そうに語った。

「あれで私は女優として一皮剥けたと思った。それがカットされていたなんて、ちょっと残念」

 撮影そのものがエポックメイキングだったのは、泉谷しげるが俳優として高く評価された「戦後最大の誘拐 吉展ちゃん事件」(79年、テレビ朝日系)だ。泉谷は誘拐犯・小原保に扮し、26%の高視聴率を獲得したが、監督の恩地日出夫と口論になる。

「お前には人の心がないのか!」

 恩地監督は、小原が実際に吉展ちゃんを絞殺した現場で、同じシーンの撮影をしようとした。

「じゃあ、お前にはあるのか?」

 監督に言い返された泉谷は、無言でその場面の撮影を続けたという。日本に2時間ドラマを定着させた名作だが、ソフト化も再放送も実現していない。

 ドラマが実際の事件に影響を与えたとされたのは、「必殺仕置人」(73年、朝日放送)と「ギフト」(97年、フジテレビ系)の2本である。

 まず「必殺──」は、殺人事件の容疑者が取り調べ中に番組の影響をほのめかした。局やスポンサーは打ち切りを検討したが、容疑者のひと言で事態は急展開する。

「俺はテレビに影響されるほどバカじゃねえ!」

 関与がなかったことが証明され、続く「助け人走る」(73年)や「暗闇仕留人」(74年)と、一時的に「必殺」の2文字は自重したが、のちの「必殺仕事人」(79年)につながるロングランシリーズになった。

 一方、木村拓哉主演の「ギフト」は、番組終了後に悲劇が起きる。劇中でキムタクが使うバタフライナイフに憧れた中3の少年が、女性教諭を刺殺。ローカル局での再放送は即刻、打ち切られ、DVD化も見送られる形となった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!