芸能

レギュラー番組たった1本の危機が…明石家さんまが死守したい「水曜夜9時」の激烈攻防戦

 明石家さんまはお笑い界、いや芸能界のトップに君臨するほどのタレントだが、その内情は決して明るいものではないという。テレビ制作関係者が言う。

「レギュラー番組が、たった1本になる危機が迫っているのです。現在、彼が担当しているレギュラー番組は『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)と『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)のみですが、『ホンマでっか』はここ数年、絶不調。試行錯誤を繰り返しています」

 一体どういうことなのかといえば、2022年4月からレギュラー放送が開始された裏番組「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)が好調なのだという。

 なるほど、1月31日の放送は「上田」の個人視聴率が5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)に対して「ホンマでっか」は4.3%。1月17日の「上田」は3時間スぺシャルで7.6%だったが、「ホンマでっか」は4.3%と、ここ最近はすっかり「負け」が込んでいる。先のテレビ制作関係者が解説する。

「そこでお抱えの専門家をスタジオから極力排除し、芸能人だけのくくりトークにした時期もありました。ところが裏の『上田』との差別化ができず、差が広がってしまった。結局、以前のような専門家を並べての、ホンマでっかな情報を主軸にした構成に戻っています」

 なにやら迷走ぎみの「ホンマでっか」だが、すぐには終わらせられない事情があるのだと、別のテレビ制作関係者が明かすのだ。

「水曜夜9時は、テレビ朝日では強力なドラマ『相棒』が放送されている。フジテレビとしては、この激戦区で戦える新しいソフトがないのです。であればなんとしてでも『ホンマでっか』を生きながらえさせたいのが本音。むろん『ホンマでっか』より数字の悪い番組もありますから、直ちに打ち切り対象にはなるとは限らない。さんまとしても、レギュラー週1本というのは避けたいところでしょうし…」

 以前は「さんまのSUPERからくりTV」「明石家多国籍軍」(TBS系)、「さんまのナンでもダービー」(テレビ朝日系)に「明石家マンション物語」(フジテレビ系)など、ゴールデン・プライム帯を席巻していた。最後まで現役でいたいという意向とは裏腹に、確実に活躍できる枠は少なくなっている。地上波で見られなくなる「Xデー」はいつだろうか。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化