芸能

キンコン西野が叩かれるのは芸人としての下積み時代がなかったから?

20161124nishino

 苦労知らずのままで売れると、その後に“リバウンド”が訪れることが多い芸能界。しかし、お笑いの世界では数年に一度、下積みゼロのまま売れてしまう者が出現する。

 最近では、ピン芸人の厚切りジェイソン、8.6秒バズーカーなど。昔ではダウンタウンやナインティナインもそうだった。

「“炎上芸人”として、ヘンな人気が出たキングコングもそうです。大阪NSC在籍時から女性ファンが多く、『NHK上方漫才コンテスト』で最優秀賞を受賞。弱冠19歳で、在学中に受賞したのは彼らだけです」(エンタメ誌記者)

 漫才日本一決定戦として有名になる前の「M-1グランプリ2001」で、芸歴わずか2年3カ月で決勝戦に進出。イケメンで、“よしもと男前ランキング”の常連だった西野亮廣と、ナイナイ・岡村隆史を彷彿とさせた梶原雄太は、挫折を経緯しないまま東京に進出した。

 エリート芸人の仲間入りをはたした2人は結成からわずか2年後に、人気バラエティ「はねるのトびら」(フジテレビ系)のレギュラーメンバーに抜てき。盤石の地位を築いた。

「ここ数年の西野といえば、ツイッターで攻撃され、芸人を引退して絵本家転身すると口にするなどして、嫌われまくり(笑)。この11月には、『えんとつ町のプペル』の光る絵が1000万円で売れ、高野山に奉納されることもメディアを賑わせましたが、彼自身が絵を描いていないとして批判されています。超ハイパースピードでメジャー芸人になったその妬みが、昨今の西野バッシングにつながっているのかもしれません」(前出・エンタメ誌記者)

 ただの妬みか、それとも化けの皮がはがれたのか、今後西野がどんな活躍を見せるかで、明らかになるだろう。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
有働由美子が「ヤクザ親分交友」激白!?新幹線で話が弾んだ「おじさん」の正体
4
アンジャ渡部が豊洲市場で働いていた!「撮影者は連行」厳戒態勢を関係者が激白
5
木村拓哉は外された?松本潤、「どうする家康」主演抜擢の裏で飛び交う憶測