芸能

グラドル「吉沢さりぃ」が業界の闇を顔出し全暴露!(2)写真集・DVDを出すのも一苦労

20161201r2nd

 所属事務所によっては衣装代やCD制作費などをアイドル側が負担することもあり、ファンと寝て貢いでもらうことも珍しくないという。

「アイドル業界では、ファンから現金をもらうのはタブー。生々しいのが理由のようですが、結局、ギフト券をもらって換金しているので変わらないですよね。枕営業したファンにおねだりするため、ウェブ通販『Amazon』にある自分の『ほしい物リスト』を公開設定にして、希望の商品をプレゼントしてもらう子もいます」(菜実子)

 それでもライブ会場で多額のプレゼントを受け取ると、他のファンから嫉妬されることがあるため、“アルバイト先”に呼んで、仕事終わりの帰り道で渡してもらう。その副業は、ガールズバーの店員だという。

「お酒をいっぱい注文させて、自分の売り上げに貢献させるので一挙両得ですよね。アイドルグループの中には、ファンに内緒で結婚している“人妻”もたくさんいます。旦那さんが働いていれば不安定な経済面をサポートしてくれるので。事務所には伝えていますがファンには非公表。ストーカーみたいなファンに貢がせすぎて、トラブルになり離婚しそうになったりした子もいます。何の説明もなく、『半年間お休みします。絶対に戻ってくるので待っててね』とブログに書いておいて、出産していた猛者もいますね」(前出・菜実子)

 10月1日、東京都は最低賃金を25円アップの時給額932円に引き上げた。民間の調査で全国の平均時給は1000円の大台に。しかし、表社会の労働環境が改善されても、底辺グラドルの収入はスズメの涙だ。

「テレビで活躍するアイドルがグラビアDVDに出演したら、1本100万円のギャラは出ますが、私が出演した時は、覚悟の手ブラまでして2万9000円‥‥。アイドルの数は飽和状態なので、少ない仕事を取り合っています。ほとんどのグラドルは写真集の出版は難しく、DVDも厳しくなってきました。特にDVDは1000本売れたらヒットと言われ、500本売れたら次の作品が出せる状況。撮影会だけしか活動実態がないのに、グラドルを名乗る子も増えてきました」(吉沢)

 業界全体の仕事が減少する一方で、DVDの露出は過激になり、着衣のイメージビデオの「着エロ」では、オナニーを連想させるシーンなど、AVと紙一重の演出が求められるまでになっている。

「過激な作品でもノーギャラでもいいから出演したいグラドルの子がいて、その目的は『愛人契約』の値段が上がるからです」(前出・吉沢)

 出演枚数が多いほどDVDが名刺代わりになって自分の売買価値が上がり、愛人の需要が高まるそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」