スポーツ

米・トランプ大統領誕生でプロ野球界も大揺れ?「大谷翔平と日本ハム」がポスティング入札で大損する?

20161201c

「トランプ・ショック」の日本への余波は、TPPや日米の防衛問題だけにとどまらない。メジャーリーグへの影響を経て、プロ球界にまで波及する可能性が現実味を帯びてきたのである。

 アメリカの野球に詳しい関係者が言う。

「メジャーには二つの影響が出ると言われています。一つはメキシコやカナダに球団を増やす拡張路線のストップ。もう一つはベネズエラ、ドミニカ、キューバなどラテン系、ヒスパニック系外国人選手のプレー環境が厳しくなること。ビザ発給や課税などで圧力をかけられ、国交を開いたキューバとの関係性もどうなるかわかりません。メジャーでプレーするキューバ人のほとんどが亡命選手なので、なおさら締めつけが厳しくなるかもしれません」

 メジャーのコミッショナーは球団拡張路線を考えていたが、「メキシコ国境に壁を作る」と選挙公約するほどトランプ氏が厳しい移民政策をとる可能性が高いため、隣国との関係は悪化し、とても拡張どころではなくなる。さらに、現在のメジャーの主力を占めるヒスパニック系選手の活躍の場にも制限がかけられることも。前出のアメリカの野球に詳しい関係者によれば、

「そんなトランプ氏がいるアメリカでプレーすることを嫌がるヒスパニックの大物が日本に逃げてくる可能性が出てきますね。今もドミニカ出身の選手が、異文化対応の柔軟性と身体能力の高さで日本で人気になっていますが、びっくりするような大物が日本を選ぶことになればおもしろい。潤沢な資金力のソフトバンク・孫正義オーナー(59)は前々から『超大物を連れてきなさい』と号令をかけているし、楽天の三木谷浩史オーナー(51)も同じ考えで、オーナー会議では外国人枠撤廃まで主張していますからね」

 過去、ソフトバンクがアレックス・ロドリゲスの獲得に動いたことがあった。そのソフトバンクや、「最高の野球をファンにお見せしなければならない」が持論の三木谷オーナーが、大金をはたいて超大物を引っ張ってくるかもしれない。

 今オフのラテン、ヒスパニック系の超大物FAは、キューバから亡命後5年で137本塁打のヨエニス・セスペデス(メッツ)、今季の打点王エドウィン・エンカーナシオン(ブルージェイズ)、ウィルソン・ラモス(ナショナルズ)らがあがる。メジャー関係者が語る。

「こうした超大物が動くのは難しいが、今季30発のケンドリス・モラレス(ロイヤルズ)、22発のペドロ・アルバレス(オリオールズ)くらいなら、1年10億円から15億円も出せば呼べる」

 さて、トランプ当選と同時に急速な円安ドル高が進んだが、一部の経済学者は今後は「円高ドル安の方向へ進む」と予測。日本人メジャーリーガーの契約はドル建てなので、円高が激しくなると為替レートで損失を受ける。

 来年オフにも、日本ハム・大谷翔平(22)のメジャーへのポスティング移籍が見込まれており、10年総額3億ドル(約300億円)の巨額契約が用意されるとまで言われているが、為替レートが5円違えば約15億円も大損をすることになる。ポスティング金額も現状は上限2000万ドル(約20億円)だが、円高が進めば日本ハムも億単位の損失を受けるかもしれないのだ。

 24年の五輪や26年のW杯招致レースでもアメリカ不利の予想があるが、トランプ氏の外交政策が過激になれば国境を越える国際スポーツがアメリカで開かれる可能性も小さくなる。危惧されるのはWBCだ。スポーツライターが懸念する。

「メキシコやドミニカ、プエルトリコが参加を見送るかもしれない。これまでWBCは準決勝、決勝をアメリカで開催してきたが、アメリカにとってWBCを行うメリットはなくなり、消滅する危険性があります」

 侍ジャパンにとっても、目標が消えてしまう事態になるのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」