社会

あの「幽霊ツアー」タクシー会社・三和交通の新企画は「三億円事件」

20161201s

 毎年夏に「心霊スポット巡礼ツアー」を行うタクシー会社が、あの「三億円事件」をツアー化する。ガイド付きで、未解決事件の犯人の足取りルートを巡るその最後に、乗客を襲う衝撃シーンを先行公開する!

 その会社こそ、神奈川・東京・埼玉で、タクシー・ハイヤーの営業を行う三和交通である。「心霊ツアー」は、もちろん業界で初の試み。予約開始とともに完売が続く、人気企画だ。

「地元に根づいた仕事ならではのおもしろさで、宣伝を兼ねて、若手の人材を取り込みたいということから、さまざまな企画をしています」

 そう話すのは三和交通の広報担当者。今回の新企画は、東京・府中で起きた戦後最大の窃盗事件として名高い「三億円事件」。まずは事件を振り返ろう。

 1968年(昭和43年)12月10日、東京芝浦電気(現・東芝)の従業員のボーナス約3億円が、銀行から輸送されていた。現在の価値で約10億円だが、輸送車を白バイが止める。

「ダイナマイトが仕掛けられている」

 男はそう言って車両を調べる。突如吹き上がる白煙。

「爆発するぞ! 早く逃げろ!」

 そう叫び銀行員を避難させた男は、白バイを置き去り輸送車ごと逃走した──遺留品が多く、目撃者もいたことで、発生当初は早期解決のムードだった。しかし、遺留品は大量生産されたものや盗難品ばかり。警視庁は威信をかけて、名刑事・平塚八兵衛をも投入したが75年12月10日に公訴時効を迎えた。

 ツアーが行われるのは11月12日から、事件発生日の12月10日までの毎週土曜日という凝りよう。前出の三和交通担当者が話す。

「全国各地から問い合わせが多かったうえに、発売から3日で完売しました。ガイドと運賃で7000円(税込)は採算度外視です」

 ツアーは約1時間で6つのスポットを回るが、記者も現場へ急行し、先行疑似体験に独自挑戦した。

 出発は現金輸送車の出発地点であった、日本信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)国分寺支店跡地。そこから輸送車が襲撃された現場へ移動し、約2キロ離れた犯人が車を乗り換えたとされる「クヌギ林」へ行く。そこから15分ほど車に乗り、逃走車と空のジュラルミンケース3つが発見された団地へ。最後に事件発生現場へ戻り、終了となる。当時の面影もない、府中の穏やかな街並み。しかし現場周辺の地元男性は、目を細める。

「49年も前の事件ですが、地元では誰でも記憶していますよ。まるで物語のように、受け継がれていますから」

 26歳の女性記者にとって「三億円事件」は、生まれる前のこと。ガイドなしでコースを回ったが、大金を抱えて捜査網から逃げる犯人になった気分で、ドキドキが止まらなかった。

「ツアーでは、当時の資料をもとに特製のフリップを作って、今と昔の事件現場を見比べます。また、地元のお客様や、当時を知る従業員の証言を聞き、試走を繰り返して順路を組んでいます。ただの観光ではない、独自のガイドです」(前出・担当者)

 従業員の中には、当時実際に警察から事情聴取を受けた人もいるという。

 ツアーの最後には、衝撃のクライマックスが用意されている。

「弊社では、事件に使われた偽白バイを作りました。ツアーの最終地点では、その白バイでお客様の乗車したタクシーを止めて、事件をフラッシュバックさせるような形で終わります」(前出・担当者)

 手の込んだ演出! だが、増便はされるのだろうか。

「弊社の社長は斬新なことが好きなので、どんな企画も前向きに検討してくれます。ただ三億円事件のツアーは、残念ながら今年だけのつもり。これからも地元を盛り上げ、お客様を楽しませる企画をたくさん考えていきます」(前出・担当者)

 おもしろ企画をするタクシー会社とツアーの謎は解けた。しかし、未解決事件を突き止めるのは、あなたかもしれない!

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
3
「おい!フジテレビ」指原莉乃、AKB48選抜総選挙スピーチ中のCM寸断に苦言
4
「レッドカードな女」の即刻退場バトル(2)満島ひかりがクドカン舞台を降板した理由
5
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ