社会

1日5分で快調になれる!自律神経を整える「爪揉み健康法」とは?

20161128tsumemomi

 ストレスが多い現代。体調を整えるのが難しく困っている時、爪を揉むだけで快調になれるという。

「爪揉み」とは、その名のとおりの健康法のことだが、揉むのは爪そのもではなく、爪の生え際。その体験談を聞いてみると、「薬でも下がらなかった血圧が、爪揉みで正常化した」「60年以上、耳鳴りで悩んでいたが、1カ月爪を揉んだら、気にならないほどになった」「長いことメニエール病で悩んでいた症状が解消した」など、眉ツバな「奇跡」の話に聞こえないこともないが、話半分としてもソソられる。この爪揉み療法の効果の根拠を、東洋医学を研究している整体師・三上藤雄氏が説明する。

「手の指の爪の生え際に井穴というツボがあります。親指は外側、人差し指と中指は親指側、薬指は小指側、小指は両脇にある。自律神経のバランスを整えるこのツボを刺激することで副交感神経の活動を活性化させるので、自律神経の乱れを正しバランスを整え、ストレスを減らす。その結果、代謝がよくなり、諸症状が改善されるというものです」

 では、そのやり方だ。まず爪の生えぎわを、片方の手の親指と人差し指で両側からつまみ、揉むようにグーッと押していく。1本の指を約10秒ずつ。

「痛気持ちいいと感じるくらいの力加減で、1日2、3回行うといい」(前出・三上氏)

 それぞれの指によって効果が違うとのことだが、親指は肺などの呼吸器系、人差し指は胃腸などの消化器系、中指は耳、小指は心臓などの循環器系に働きかける。

「ただし、薬指だけは揉むのは避けたほうがいい。薬指には交感神経があり、病気の原因の大半は、交感神経の過剰な働きによるもの。そのため、副交感神経を優位にして症状を改善するのですが、薬指を揉むと交感神経の働きが強くなってしまい、逆効果になる」(前出・三上氏)

 理にかなっているうえ、誰でもどこでもできる健康法である。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス