社会

1日5分で快調になれる!自律神経を整える「爪揉み健康法」とは?

20161128tsumemomi

 ストレスが多い現代。体調を整えるのが難しく困っている時、爪を揉むだけで快調になれるという。

「爪揉み」とは、その名のとおりの健康法のことだが、揉むのは爪そのもではなく、爪の生え際。その体験談を聞いてみると、「薬でも下がらなかった血圧が、爪揉みで正常化した」「60年以上、耳鳴りで悩んでいたが、1カ月爪を揉んだら、気にならないほどになった」「長いことメニエール病で悩んでいた症状が解消した」など、眉ツバな「奇跡」の話に聞こえないこともないが、話半分としてもソソられる。この爪揉み療法の効果の根拠を、東洋医学を研究している整体師・三上藤雄氏が説明する。

「手の指の爪の生え際に井穴というツボがあります。親指は外側、人差し指と中指は親指側、薬指は小指側、小指は両脇にある。自律神経のバランスを整えるこのツボを刺激することで副交感神経の活動を活性化させるので、自律神経の乱れを正しバランスを整え、ストレスを減らす。その結果、代謝がよくなり、諸症状が改善されるというものです」

 では、そのやり方だ。まず爪の生えぎわを、片方の手の親指と人差し指で両側からつまみ、揉むようにグーッと押していく。1本の指を約10秒ずつ。

「痛気持ちいいと感じるくらいの力加減で、1日2、3回行うといい」(前出・三上氏)

 それぞれの指によって効果が違うとのことだが、親指は肺などの呼吸器系、人差し指は胃腸などの消化器系、中指は耳、小指は心臓などの循環器系に働きかける。

「ただし、薬指だけは揉むのは避けたほうがいい。薬指には交感神経があり、病気の原因の大半は、交感神経の過剰な働きによるもの。そのため、副交感神経を優位にして症状を改善するのですが、薬指を揉むと交感神経の働きが強くなってしまい、逆効果になる」(前出・三上氏)

 理にかなっているうえ、誰でもどこでもできる健康法である。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!