エンタメ

こんなに作って大丈夫?ハリウッドで「リブート映画」が大流行!

20161128reboot

 昨年の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ターミネーター:新起動/ジェニシス」、今年公開の「ゴーストバスターズ」シリーズなど、かつての大ヒットシリーズのリブート映画がハリウッドで大流行している。

 元の作品を新たなスタッフ&キャストによって同じテイストに作り直すリメイク映画に対し、リブート映画は世界観やキャラクターを部分的に踏襲しつつも全ての要素を仕切り直してシリーズを再起動させるもの。来年3月には「キングコング:髑髏島の巨神」が公開予定で、他にも87年に公開された「プレデター」第1作のリブート版(18年3月全米公開予定)があり、日本で98年に公開された「スターシップ・トゥルーパーズ」のリブート版の企画も発表された。さらにマーベルやDCなどのアメコミヒーローものを加えると、今後のハリウッドの注目大作のほとんどがリブート版で埋まってしまいそうな勢いだ。

「なぜリブート映画がこれほど増えたのかというと、莫大な製作費がかかる大作には認知度の高いヒットシリーズが安全パイであることと、何より企画の多くが70~80年代のSF映画を原点にしていて、それを子どもの頃に観た世代が製作の最前線にいることが大きいと思います。自分が熱狂した映画を、最新のVFXを使って自分の手で再生させる。言ってみれば夢の具現化ですが、全米で炎上騒ぎが起きた『ゴーストバスターズ』の例を見ても、原点の作品と比べられるリブート版は観客の評価基準がより厳しくなる傾向があるようです」(映画ライター)

 新たなSF映画のレジェンドになれるのか。量産されるリブート映画の今後に期待したい。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!