芸能

主演アニメ映画をメディアは黙殺、のんが再び脚光を浴びるための「2つの条件」

20161202non

 能年玲奈から改名したのんが声優主演するアニメ映画「この世界の片隅に」の評判がすこぶるいい。著名人、映画通の識者がこぞって絶賛しているのだ。ところがそんな状況でも、テレビでこの話題が取り上げられることはほぼなく、プロモーションも行われなかった。さるテレビ関係者が明かす。

「11月12日の初日舞台挨拶を前に、またしても元所属事務所から情報番組に報道規制がかけられたようです。以前にも同じような指示がありましたからね。要請は各局にあったようで、みなそれを律儀に守っています。要するに、妨害工作、嫌がらせのようなもの。のんが気の毒でしたね」

 元所属事務所はまだ契約が残っているのに一方的に事務所を移籍したとの主張から、のんと対立。本名にもかかわらず、芸能活動で「能年玲奈」の名前を使うことができなくなり、改名を余儀なくされた。のんサイドにも歩み寄りの兆しはなく、いまだ状況に変化はない。

 テレビメディアが「のん黙殺」を続けるなか、再び脚光を浴びることはできるのか。芸能関係者が語る。

「2つの道が考えられます。まずは、舞台女優にシフトして、三谷幸喜や野田秀樹といった有名演出家に重用されること。あるいは、有名映画監督に声をかけてもらうか。現実は厳しいようですが…」

 今回のアニメ映画が、メディアが無視できないほどの大ヒットとなればいいが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ