芸能

主演アニメ映画をメディアは黙殺、のんが再び脚光を浴びるための「2つの条件」

20161202non

 能年玲奈から改名したのんが声優主演するアニメ映画「この世界の片隅に」の評判がすこぶるいい。著名人、映画通の識者がこぞって絶賛しているのだ。ところがそんな状況でも、テレビでこの話題が取り上げられることはほぼなく、プロモーションも行われなかった。さるテレビ関係者が明かす。

「11月12日の初日舞台挨拶を前に、またしても元所属事務所から情報番組に報道規制がかけられたようです。以前にも同じような指示がありましたからね。要請は各局にあったようで、みなそれを律儀に守っています。要するに、妨害工作、嫌がらせのようなもの。のんが気の毒でしたね」

 元所属事務所はまだ契約が残っているのに一方的に事務所を移籍したとの主張から、のんと対立。本名にもかかわらず、芸能活動で「能年玲奈」の名前を使うことができなくなり、改名を余儀なくされた。のんサイドにも歩み寄りの兆しはなく、いまだ状況に変化はない。

 テレビメディアが「のん黙殺」を続けるなか、再び脚光を浴びることはできるのか。芸能関係者が語る。

「2つの道が考えられます。まずは、舞台女優にシフトして、三谷幸喜や野田秀樹といった有名演出家に重用されること。あるいは、有名映画監督に声をかけてもらうか。現実は厳しいようですが…」

 今回のアニメ映画が、メディアが無視できないほどの大ヒットとなればいいが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
2
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
3
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
4
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”