芸能

ゲス極が自粛突入!「騒動にノータッチ」の川谷絵音にメンバーがチクリ!?

20161209kawatani

 自粛期間に突入もいまだ炎上状態は継続中だ。

 今年初めに、ベッキーとの不貞報道で一気に注目を浴びた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音。9月には新恋人で当時未成年だったタレントのほのかりんと飲酒したことが明るみに出て、12月3日に行われた東京・青海のZepp Tokyoでのライブを最後にバンドは活動自粛に入っている。

 ライブは先月にスタートした全国ツアーのファイナル公演でもあったが、くしくもこの日は川谷の誕生日。ライブ中に川谷はコーラス担当の女性の年齢を間違えたことでファンからブーイングを受けると、「また俺が悪者になる」と自虐ネタで笑いを誘ったり、「28歳はいい年にしたい」と前向きに話すなど、これから自粛期間に入るとは思えないほど明るく振る舞っていた。

 川谷が元気なことが喜ばしかったのか、自粛期間に触れないままライブが終了してもブーイングは一切なし。それどころか、まるで普通に冬休みに入るようにあっさり自粛期間に突入したことから、ファンの多くは「活動休止の挨拶がなかったのはすぐに戻ってくるからでしょ」と、深刻に受け取っていないようだ。

「ファンからの批判はなかったものの、ベースの休日課長は『(川谷は)いろんな経験をしてきました』とチクリ。やはり、川谷のせいで活動自粛に付き合わされるバンドのメンバーには忸怩たる思いがあるように見受けられました。しかし、川谷は『いろんな経験の話はしていない』と休日課長の発言を一蹴し、騒動についてはノータッチ。一連の騒動でメンバーとの絆がガタガタになっているとの噂もありましたが、それが垣間見えたようなやり取りでしたね」(音楽ライター)

 この応酬を知った人たちは川谷に物申したくなったようで、「最後まで自分は悪いと思ってない」「いろんな女性の人生をダメにしてこれはない」「他のメンバーは最後まで被害者」など、バッシング納めとばかりに批判コメントが連打されました。

 一部では2018年での復帰報道も出ていたが、川谷はこれを否定。やはり“冬休み”が終われば、何食わぬ顔であっさり復帰してきそうな気配だ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性