芸能

サスケが成宮寛貴を告発!「相棒」再放送中止なら脇役刑事の収入が大幅減に!?

20161216narimiya

 元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)の法律違反の薬物所持容疑による逮捕・起訴。そして、成宮寛貴氏の突然の引退とご難続きとなったのが、人気ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)だ。

 その人気ぶりは本放送もちろんのこと、かつて、15時台に再放送されていたときでさえも視聴率は常に10%超え、時には20%も取ることもあったから、テレ朝も悩ましいところだろう。

「再放送でこれほどの数字を取るなんて、テレビ局にとってはかなりオイシイ」と芸能ジャーナリストは言う。

「再放送であってもCMは入りますから、当然その広告収入があります。しかもそこから、出演している役者にも再放送分として料金が支払われるんです。相場は自社制作のドラマなら、最初の出演料の1割くらい。それでも『相棒』のように何度も繰り返し再放送されれば、役者にとっては安定収入です。特に、そんなに目立つ役ではないが山西惇演じる角田率いる警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第5課の刑事役の志水正義や、久保田龍吉のように、第1話からずっとレギュラー出演している役者にとっては、実にオイシイ収入になっているんです」

 逆に言えば、高樹が出演した回は放送を控えるため、そこに出演していた人にしてみれば収入減。そうした意味でも高樹の一件は、主要な出演者だけにとどまらず、広く役者業界に波紋を広げているようだ。

 ちなみに懸念されている成宮氏出演分のシーズン11~13に関しては、同局が12日「今後、放送します」と明かしているが、15日発売の「週刊新潮」「週刊文春」に掲載されるザ・グレート・サスケ氏による“告発記事”しだいでは、再び雲行きが怪しくなる可能性も否定できない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに