芸能

2016年末場所 輝く!「有名人スキャンダル大賞」(1)ASKAとAKASAKA

20170105_12n1st

 スキャンダルが乱れ飛んだ、激動の2016年。恒例のこの4人にぶった斬ってもらいましょう。

 年末場所も豊作だなぁ。

 ホリエモンが「女装男子」大島薫と。ホリエモンはニューハーフ大好きだったからさ。

 もともと、口でされることに申し訳なさがあったのが、ニューハーフのをくわえてみたら、する側の楽しさに気づいたという。

 ニューハーフではない。サオ・玉もある。

 ホリエモン的にもそこがよかったわけですね。

 あとは誰がKABAちゃんの処女を奪うか(笑)。手をあげたいよね。

 手術後のカルーセル麻紀に「処女を俺にくれ」と梅宮辰夫が言ったみたいな。

 KABAちゃん、かわいくなりましたよ。

 KABAちゃんって、恋人ができるとケツ毛を全部剃るんだって。

 いざという時のために。

 それが自分の中のサインだって。

 そのサイン、外からまったくわかんないですよね(笑)。

 ASKA逮捕。「ギフハブ」が流行語大賞かと思ってたけど、あんまり流通してない。

 今回は自分で電話して、完全に墓穴ですよ。

 墓穴も何も盗聴を本気で信じてますから。

 不起訴になったけど、起訴されてないうちからこれだけ報道されたのは、かなり問題あるでしょう。

 日本はいつもそうですからね。スーパースターがさらし者になるおもしろさを優先させちゃう。

 あの家どうすんの?

 売りに出してるんだけど、誰も買わないって。

 盗聴されてるから。

 検証する番組、やったほうがいいですよね。

 盗聴バスターズがいるんだからさ。

 ASKAぐらいになると、かなりの印税が入ってるの?

 カラオケだの何だので、メチャメチャ入ると思いますよ。俺は想像できないレベルだけど。

 ほぼ曲作ってますもんね。

 だからやるんでしょ。金あるから。マーシーは買えないもん。

 買えなくなって破綻するっていう話だからね。買える人は破綻しないんだから。

 曲を提供された光GENJIも薬物で捕まってるし。

 そうだ。赤坂とASKAで、何か似てるもんな、名前が。赤坂も英語にすりゃいいんだよ。「AKASAKA」って。何かASKAっぽいじゃん(笑)。

 ほぼ一緒だよ。

 ASKA報道はなぜ、井上公造に集中したのか?

 井上公造が芸能界の大本営だからですよ。あの人が許可したものは放送できる。

 俺、今回で「公造力」をすげえ感じましたね。

 “構造と力”。

 うまい(笑)。その“公造と力”を思い知りましたよ。

 「ここは事務所関係ないよ。OK!」って。

 未発表の曲、勝手に流しちゃってるわけでしょ?

 ASKAも抗議しましたからね。「ダメですよ、流しちゃー」って。

 ミュージシャンは絶対怒るところ。完全に著作権法違反だから。懲役付くとか。

 アウトですね。三浦和義方式で強い弁護士付けて訴えたら勝ちますよ。

 成宮寛貴がコカイン吸引疑惑で引退。

 成宮くんは苦労人だから。もちろん違法なドラッグに手を出しちゃダメだけど、彼自体がそこまで悪い人とはどうしても思えないですね。許してあげてよ! って気持ちにすごいなる。

 苦労人はある程度ドラッグはいいと。加護ちゃんの不倫とかもそうですよね(笑)。

 「相棒」の再放送が困ってるよ。だから「相棒」の中で捜査しろっていう話だよ。

 「相棒」に「科捜研の女」が入ってね。

 僕はとにかく、成宮くんには同情的だなあ。

 高樹沙耶は置いといて?

 別に置いておかなくていいけど、噂には聞きますよね。ヒッピー的、コミューン的なというか‥‥大麻礼賛に、スピリチュアルなニュアンスが色濃く入ってるタイプ。

 高樹沙耶は95年ドラマ「柊又三郎」で共演したショーケンとの噂もありましたよ。

 それなら、もうしようがないですね。

 アジトは石垣島だっけ?

 具志堅用高が言ってましたよ。「石垣島に戻ってほしくない」って(笑)。

 そうだよ。どういう気持ちで具志堅さんが石垣島を出たと思ってるんだよ。一時、高城剛もいたな。あと島田紳助さんね。

 石垣島はヒャダインもそうだよ。ヒャダインが言うには、石垣島は政治犯が流されたところだから、政治意識が高いんだって。

 もともと反権力志向なんだ。

 ウチの師匠も行ってましたよ(笑)。フライデー事件のあと、ずっと。

 「ソナチネ」感ですね、完全に。

<座談会参加者>

:宇多丸(RHYMESTER) :吉田豪 :水道橋博士(浅草キッド) :玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化