芸能

松浦亜弥に歌手復帰の噂が立つも中高生からは「あややって誰?」との悲報

20170305_asagei_matsuura

 数々のヒット曲で時代を席巻したソロアイドルの松浦亜弥に、現役復帰の噂が立っている。3月3日付けの女性自身ウェブ版によると、夫でw‐inds.の橘慶太が楽曲を提供。14年にはママになっている松浦だが、まだ30歳と老け込む年齢ではなく、復帰を歓迎する声も小さくない。だが時代の移り変わりは残酷だと、アイドル誌のライターが声を潜める。

「かつてソロアイドルのトップランナーとして活躍した松浦ですが、全盛期は紅白に5回連続出場した。初出場時の『LOVE涙色』は01年9月発売ですから、中学生にとっては生まれる前の曲に過ぎません。彼女の全盛時をリアルタイムで観た人は若くても20代中盤ですし、中高生などの学生にとっては『あややって誰?』というのが実情です」

 とはいえ“エアあやや”がモノマネの定番ネタにもなるなど、松浦の存在は時代を超えていそうなもの。それに「LOVE涙色」は、99年発表のモーニング娘。「LOVEマシーン」と並ぶアイドル界の定番曲。アイドル好きなら誰でも知っていそうなものだが、前出のアイドル誌ライターは残酷な現実を指摘する。

「10代のアイドルたちには、それらの曲を知らないメンバーも少なくありません。昨年12月22日には現役アイドル11組が登場する『指原議長とアイドル国会』(フジテレビ系)が放送され、エンディングでは全員で『LOVEマシーン』を合唱したのですが、なかには曲がわからずにダンスだけで参加するアイドルもいたほど。そのシーンに時代の流れを実感したものです」

 ちなみに「LOVE涙色」のMVには、今では骨董品でしかないスケルトンのiMacが登場。当時は時代の最先端アイテムだったことを示している。そこから16年経った今、松浦が活躍できる余地が残っているのか。悲観的な目で見守るファンも少なくないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、ベルトに乗っかりそうな“Gバスト”に騒然「ものスゴい曲線!」
2
新山千春、伊藤かずえの「シーマ」に便乗?13年愛車アピールに揶揄噴出!
3
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?
4
出川哲朗、「マリエの衝撃暴露」前に指摘されていた占い結果にネットが戦慄!
5
テレ朝・森川夕貴、“Dカップ強調”激化の裏に「テレ東WBS撃退役」の重責!?