芸能

大塚愛、婦警役でドラマ出演も真木よう子と比較され“女優廃業”した過去が!?

20170312_asagei_otsuka

 歌手の大塚愛が3月9日放送のドラマ「嫌われる勇気」(フジテレビ系)に婦人警官の役で出演した。その制服姿にファンからは「逮捕されたい!」との声もあがっているが、一方で「やるならちゃんとやれ!」とブーイングも浴びせられているというのだ。テレビ誌のライターが眉をひそめる。

「婦警役なのに腰の近くまで伸びたロングヘアとは実にフザけた話です。実際の婦警は暴漢などに掴まれることを防ぐため、髪の長さはせいぜい肩まで。それにメイクもケバすぎますし、これでは婦警役ではなく“婦警コス”に過ぎませんよ。本人は『木とか電柱の役ならアリかなと思う』と語っていましたが、髪型やメイクを変えたくないなら本当に電柱役で良かったんじゃないでしょうか」

 その大塚が女優を務めるのは、06年の主演映画「東京フレンズ The Movie」以来11年ぶり。主演映画の後でぱったりと女優から足を洗ったのは驚きだが、当時を知る映画ライターはこんな裏側を口にする。

「同作品はエイベックスが初めて手掛けた商業映画で、人気絶頂だった大塚を主演に抜てき。しかし大塚の演技があまりにも下手すぎて、これ以降のオファーがなくなったのでしょう。同作品には売り出し中の真木よう子も出演しており、彼女の達者な演技が大塚の大根役者ぶりをさらに目立たせてしまったようです」

 主演すれば棒演技を露呈し、ドラマのゲスト出演では役に合わせる努力を放棄。そんな大塚にはほとほと女優業は似合っていないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
5
吉岡里帆、ベストドレッサー賞受賞で爆裂バストより目立った「妖艶部位」!