芸能

チケット売上げ6枚!人気芸人渾身の「清水富美加モノマネ」が不発すぎて痛い

 入信騒動で時の人となった清水富美加も、もはや過去の話題となってしまったのか。ピン芸人・ガリガリガリクソンの繰り出した清水ネタが不発に終わり、物悲しさを露呈している。

 そのガリクソンは3月26日に、4月に開催する単独ライブをツイッターで告知。そこに、清水が千眼美子名義で出版した「全部、言っちゃうね。」の表紙を真似た画像を載せたところ、翌朝にはウェブ記事で取り上げられ、ガリクソンを検索する回数が急増するなど一躍話題になったのである。ところが、その拡散効果は実に限定されたものだったというのだ。お笑い系のライターがこう首を振る。

「清水のモノマネ画像はネットニュースで広く取り上げられたものの、ガリクソンによる元々のツイートは138回のリツイートに留まっており、本人のところまで拡散効果が波及していない始末。しかも肝心の単独ライブは1日経ってもチケット売上が6枚しか増えてないそうで、渾身の清水ネタも不発に終わった形です」

 ただ今回のネタに関しては、ガリクソンの知名度がそもそも不足しているという指摘も少なくない。確かにその面も否めないが、それ以上に清水バブルが終わっているとの指摘もあるようだ。週刊誌記者が語る。

「ワイドショーを総ナメした清水も、書籍の出版以降はほとんど動きがなく、話題になりようがありません。しかも芸能活動を続けたいがために所属事務所と揉めた先輩の能年玲奈(現のん)とは異なり、清水はみずから引退を宣言しており、芸能活動を放棄したも同然。そんな清水をネタにしたガリクソンは、明らかな選択ミスだったと言えるでしょうね」

 もはや芸能界に未練はないという清水ゆえ、今回の騒動も意に介していないに違いない。それどころか、ガリクソンのネタ自体に気がついていない可能性も高そうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”