芸能

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(3)薬師丸ひろ子が挑んだ真田広之とのラブシーン

 意外な初体験シーンを見せたのは、「里見八犬伝」(83年、角川映画)の薬師丸ひろ子(52)だ。薬師丸は里見城の静姫役で、それを支える八犬士の犬江親兵衛(真田広之)と長いラブシーンを見せる。

 肌の見え方としては肩が見える程度だが、何度もキスを浴び、やがて、徐々に恍惚の表情になってゆく。延々とBGMが流れているため音声はないが、絶頂を迎えていることは十分に伝わるほどの表情だった。

 宝塚歌劇団から女優に転向した宮本真希(39)は、いきなり初主演、そして初ヌードで話題となった。深作欣二監督が最晩年の頃に撮った「おもちゃ」(99年、東映)のことだ。

 京都・祇園の色街を舞台にした作品で、宮本は舞妓として「水揚げ」の日を待つ時子を演じた。宮本は、出演に至る経緯をこう明かしている。

「深作監督と、私の愛媛の実家のことなど話しているうちに決まった感じでした。監督は最後に『この映画はヌードがあるよ』と念押しされたのですが、私は東映の『吉原炎上』(87年)の世界観に感銘を受けていたので、まったく問題なく、了解の返事をしました」

 そして劇中の時子は、北山の大尽(加藤武)というスポンサーが見つかり、いよいよその日を迎える。身を清めるために大浴場でヌードになって湯を浴びた。

 この撮影で前張りを貼ろうとすると、深作監督がこう洩らしたという。

「僕の映画で前張りを使った人はいないけどね」

 宮本はこの言葉に決意し、完全なヌードで挑んだと言う。

 さて近年の衝撃は、15年公開の「この国の空」(ファントム・フィルム)でヒロインを演じた二階堂ふみ(22)だろう。終戦間近の東京に住み、隣家に妻子を疎開させている男(長谷川博己)が越してきた。

 やがて2人の関係は深くなり、ついに畳の上で初めての許されざる行為に。二階堂はギュッと目をつぶり、唇をかみしめて破瓜の痛みに耐えている。

 行為が終わったあと、立ち上がった二階堂はみごとなヒップをフルヌードで見せる。長谷川が濡れたタオルで畳を拭くと、赤い血で染まったことに驚くのであった‥‥。

「あのバックヌードは尻フェチにはよだれものでしたが、タオルに鮮血というのも処女喪失を具体的に示した名シーンです」(秋本氏)

 最後は、広瀬すず(18)が決死の覚悟で参加した「怒り」(16年、東宝)である。

〈オーディションを受けて自分でやりたいと言ったけど、多少後悔しました〉

 そうブログに綴ったのは、沖縄に住む女子高生が、2人の米兵に輪姦されて処女を失う役だったから。

 さすがに着衣のままではあるが、その表情は恐怖をみごとに訴えており、劇場が静まり返ったという。現在、トップ級のアイドル女優は当時17歳。体当たりで難役に挑んでいたことは称賛ものである──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!