芸能

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(4)00年代1位~10位 ほしのあきが魅せた“透けたセーラー服”

 海の向こうのメジャーリーグや日本のプロ野球の世界では、毎年往年のスター選手が「殿堂入り」として選出される。芸能界も女性タレントの胸にスポットが当たって50年。この栄光の歴史に敬意を表し、「アサ芸シークレット」が選出した殿堂入りにふさわしいが豊かな美女100人をオールタイムで選出した!

 21世紀に入ると、グラドルたちの基準がまさしくビッグバンを迎えた。バストサイズが100センチを超え、それまでFカップ止まりだったものがG、H、I、Jと進化したのだ。

1位・相澤仁美

 その名も「番長」であった。バラエティ番組への進出もスムーズだっただけに、このところの自主休業状態が残念でならない。

2位・根本はるみ

 メジャーなグラビアアイドルとして、初めて100センチ超えのバストの持ち主。残念ながら活動は短命に終わったが、記録は永遠に残る。

3位・ほしのあき

 細い手足に反比例するスレンダーグラマーぶりも魅力だったが、透けたセーラー服などグラビア的な見せ方のバリエーションも光った。

4位・花井美理

 147センチの小柄な体に、Hカップという規格外のバスト。さらに05年には「つけニップル」という衝撃のグラビアで激震を与えた。

5位・古瀬絵理

 NHK山形のキャスターが、あまりにも爆裂すぎるとネット上で話題になった。やがて「スイカップ」と呼ばれ中央進出を果たした。

6位・真木よう子

 主演作「ベロニカは死ぬことにした」は、近年の女優には珍しく、完脱ぎでバストを揺らし、一人で慰めるシーンで出世作となった。

7位・小向美奈子

 デビューした時のキャッチフレーズは「15歳でGカップ」だった。早熟すぎるボディは、ジェットコースター的に波乱の人生となった。

8位・神楽坂恵

 デパガからグラビアに転身し、真っ白な肌とIカップの特大バストでブレイク。さらに夫の園子温監督作では過激な完脱ぎも披露。

9位・松金ようこ

 同期のグラドルたちがこぞって「あんなヒップみたいに大きい胸は見たことない」と絶賛したが、ペニオク事件で活動休止に。

10位・井上和香

 関根勤によって「和製モンロー」と命名された。さらに、「わかパイ」と名前に「パイ」をつける愛称は、その後も後輩たちに継承された。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!