芸能

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(4)有名アニメの主題歌歌手は艶系ビデオに出演

 いつも街に歌があふれていた──。そんな時代を象徴する宇多田ヒカルや中森明菜の復活は、昨年末の音楽シーンに大きな刺激を与えた。ただ、大ヒットを放ちながら、その姿を見ることが少なくなった歌姫たちも数多い。

・Sowelu 代表曲「I Will」(04年)

 グラドルを経て、R&B系のシンガーで脚光を浴びる。12年に休止を宣言したが、その後、フリーランスで活動を再開するも、交通事故やポリープ手術など多難続き。

・girl next door(千紗) 代表曲「偶然の確率」(08年)

 エイベックスの創立20周年を記念してデビューし、大々的に売り出されたが、わずか5年で解散。ボーカルの千紗は水泳の金メダリスト・北島康介と結婚し、1児の母に。

・mihimaruGT(hiroko) 代表曲「気分上々↑↑」(06年)

 デビューからしばらくは鳴かず飛ばずだったが、3年後にようやくブレイク。紅白にも2年連続で出場し、ベストテン入りのヒットも12作を数えるが、13年に無期限活動休止。

・BONNIE PINK 代表曲「A Perfect Sky」(06年)

 CMソングを中心にヒット曲は多いが、最大の魅力であるFカップボディは、06年の紅白でも堂々とアピールしたほど。15年のライブで、結婚したことを客席に発表している。

・上原あずみ 代表曲「青い青いこの地球に」(01年)

 デビュー曲が人気アニメ「名探偵コナン」のタイアップになり、チャート9位のスマッシュヒット。10年に男性問題でCD回収などの措置が取られ、12年の艶系ビデオデビューに続く。

・bird 代表曲「空の瞳」(99年)

 意外と知られていないが、デビューアルバムは70万枚もの好セールスを記録している。私生活は明かさない方針だったが、みうらじゅんとの妊娠・入籍が明かされることに。

・松本英子 代表曲「Squall」(99年)

 福山雅治プロデュースという強運により、月9の主題歌を任されるシンデレラガールとなった。その後、06年にサムシングエルスの今井千尋と結婚し、08年には男児を出産した。

・島谷ひとみ 代表曲「亜麻色の髪の乙女」(02年)

 99年に島田紳助プロデュースの演歌歌手でデビューしたが、翌年にはポップスに転向し、カバー曲の女王に。近年はメディア出演が減ったため、自主企画ライブに力を入れる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
2
上戸彩、「絶対零度」月9で復活も過去に視聴者ブチギレさせた問題場面とは?
3
高橋真麻、Gカップ胸をテーブルに「置かせていただきました」写真の衝撃
4
吉高由里子と広瀬アリス、伊調と吉田…有名男女11組の最新ケンカが暴かれた!
5
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情