芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(4)美HIP編1位~10位…稲村亜美は「神レベル」!

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 人類にとってオンナの魅力を古来よりアピールするのは、そして最後に戻ってゆく場所は「HIP」という桃源郷にほかならないのだ。

1位・倉持由香(167センチ B84・W58・H100)

 それは、価値観の大改革であった。100センチの巨大なヒップを「HIP職人」としてアピールし、自画撮りを連発することでユーザーにHIPの魅力を拡散。もはや殿堂入りの功労者だろう。

2位・安枝瞳(159センチ B87・W61・H95)

 西の横綱も圧倒的に安枝。顔もキュートでバストも迫力たっぷりだが、やはり、体をひねりながらのバックショットこそ生命線だ。

3位・平嶋夏海(154センチ B88・W60・H88)

 元AKB48の肩書きも必要ないほど、各誌グラビアに引っ張りだこ。潜伏期間を経て、一段と悩ましい体つきになっていたケース。

4位・佐藤衣里子(167センチ B83・W58・H85)

「平成のサトエリ」として、姉系のゴージャスな肢体で攻めている。これでもかとHIPを突き出すポーズ連発に臨界点を超えそうだ。

5位・稲村亜美(173センチ B86・W61・H88)

 今年も球春が訪れ、神ピッチングで知られる稲村が各地で始球式。フォームもいいが、水島新司が絶賛しそうなHIP回りも神レベル。

6位・橋本梨菜(158センチ B88・W58・H85)

 グラビア界でもっとも黒いボディを誇る。あどけない顔立ちに小麦色の健康的な谷間も魅力だが、褐色のヒップラインも倍でドン!

7位・鈴木ふみ奈(167センチ B96・W62・H93)

 もちろん、Hカップのバストも国宝級だし、長い脚も評価したい。それでも、むしゃぶりつきたくなる豊穣なHIPこそ最大級の評価。

8位・脊山麻理子(164センチ B84・W57・H84)

 清水富美加に対抗し「私は性的対象で見てもらってかまわない」と言ったのはMVP発言。そのムッチリHIPは、十分におかずになります。

9位・佐山彩香(157センチ B85・W60・H87)

「日本一可愛い女子高生」のフレーズも、7年ほど前のことになる。つい昨日のように思えるのは、プニプニ感を保持しているから。

10位・今野ゆい(159センチ B80・W56・H86)

 最新DVDのタイトルは「天使のヒップ」である。さらにブログのタイトルが「あなたとゆいはお尻愛」と抜群のコピーセンス炸裂。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?