芸能

「3000人の女と交わった」ホストクラブ王の破天荒交遊!(4)オンナに遊ばれて捨てられて

 関根氏が続けて回想する。

「彼女は今まで何事もなかったかのように陶酔し、抱かれ始めたんです。性欲の前ではしょせんこんなものかと、女性が醜く汚く見えた。この一件以降、『女にはほれるな。ほれさせろ。女を見たら銭と思え』と心に刻み込むことにしました」

 ベランダの関根氏は11月の寒風の中、2階から手すりにすがり、道路に降りるが、着地に失敗。足首を捻挫する。しかも電柱の陰で洋服を着ている時に、警察官に職務質問までされる始末だった。

 関根氏は思う。ホストクラブは職場だ。戦場だ。出会いの場ではない。そのための必要十分条件は大きさ、強さ、テクニックだ。いちいち本気で相手をしていては、体がもたない。相手を満足させ、自分も満足したフリをするのもテクニックの一つだ、と。人には「モテてうらやましい」と言われるが、モテているのではないのだ。

「ホストとは、数多い女性に遊ばれて捨てられての繰り返し」(関根氏)

 ホスト4年で5000万円をため、73年に念願の独立を果たす。それが「夜の帝王」だった。関根氏の下で働いた経験を持つ、歌手で俳優の本郷直樹氏は、当時の関根氏をこう語る。

「あの人にとって、女性の風貌、美醜は関係ない。金になるかならないかだ。銭を見れば勃つんだから(笑)。尊敬するよ」

 関根氏は自分の誕生日の申告を相手によって変えるため、年に5回も10回もあったバースデイパーティは店でやらず、物もねだらない。

「あなた1人に祝ってほしい」

 その殺し文句が、高額な品物や現金で返ってくる。毎月の給料、チップやプレゼント。それが「4年で5000万円」だった。目標のためとはいえ、つらいことも多かった。

「ホストには、相手を選ぶ権利はない」

 そう言い聞かせての「肉体奉仕」の成果だったのだ。

 もちろん、いい思い出も多い。目が透き通るように美しい、お嬢様のような顔にFカップ巨乳。そんなアイドル歌手Mともつきあった。元横綱の妻で歌手だった女性は離婚後、背中一面に、鯉の上に金太郎が乗った、きれいな刺青を入れていた。関根氏は言う。

「カルーセル麻紀とは『オジキ』の芸能生活何十周年かの記念パーティで知り合ってね。彼女は当時、山口洋子の銀座の『姫』のママ代理をしていた。パーティのあと、その『姫』を回って店に来て、ドンペリを抜いたんです。今ではホストの店でドンペリは大流行だけど、当時、ホストクラブでドンペリをとった最初がカルーセル麻紀だった。彼女のマンションに行った回数は数えきれませんね」

 28年続けた「夜の帝王」が閉店して10年以上がたつ。草創期には数軒だけだったホストクラブが、今や歌舞伎町で200軒以上を超えるまでになった。

笹川伸雄(ジャーナリスト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」