芸能

横澤夏子に出版関係者が熱視線!女芸人たちに“脱ぎグラビア”の需要が増加!?

 以前より“生まれたままの姿”を見せる女優が減っているなか、艶っぽいグラビアに挑戦する女芸人が増えているようだ。4月には大久保佳代子が、バスタオルで隠しただけの袋とじグラビアに挑戦。元「魔女っこ」の伊藤しほ乃はグラドルとして、芸人当時よりも人気を高めている。そんな女芸人たちの“需要”が業界では話題になっているという。

「最近の草食系男子にとって、近寄りがたい美しさを持つ女優はピンとこないどころか、苦手にすら感じるもの。それよりも身近にいそうな女芸人の方が生々しくて良いということで、そのグラビアにも需要があるようです。しかも女優を脱がせるのが相当困難なのに対し、女芸人の場合は『ネタ』を前面に押し出すことでOKが出やすいので、出版社的にもやりやすいですね」(出版社関係者)

 若者の草食化が女性芸人のグラビア需要に影響するとは驚きだが、出版社側はそんな時代を先読みして、女芸人へオファーを始めているという。

「会議で名前があがるのはまず横澤夏子。いわゆる“ちょうどいい顔”ですし、持ちネタでは胸の渓谷が見えるニットを着ることもあり、本人もスタイルには自信があるようです。ぽちゃ系が好きな層から人気なのは柳原可奈子。撮り方しだいで爆ボディの魅力を発揮できそうですね。その一方でブレイク中のブルゾンちえみは、キャリアウーマンのイメージが強くて草食系男子からの需要は低いと見られています」(前出・出版社関係者)

 モデルの泉里香や女優の吉岡里帆など、グラビアをきっかけに人気が沸騰した女性タレントは珍しくない。その一角に今度は女芸人が名を連ねる可能性もありそうだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク